【厳しい現実】日本で林業の生産性が低い2つの理由

林業
この記事はこんな人におすすめ

日本で林業の生産性が低い理由を知りたい方
 

こんにちは!

8my(@8my__)です

僕のプロフィール

  • 林業経験8年

  • フォレストリーダー

 

日本の林業の生産性は、欧州の20分の1とも言われます

なぜここまで非効率なのでしょうか?

今回の記事では、根本的な理由を2つ紹介します

 

結論から言うと、

  • 森林が急傾斜地にある

  • 高温多湿で雨が多い気候
    (造林・育林に手間がかかる)

だからです

それぞれ深堀りしていきましょう!

 

スポンサーリンク

森林が急傾斜地にある

日本の間伐

日本の森林は大部分が急傾斜地にあるので、木を伐り出すのに手間がかかります

▼ 一般的な木を伐り出す手順

多くの工程、重機が必要になってきます

しかも、作業道は狭く、壊れやすいので大型の重機は入りません

チマチマと搬出するしかないです

 

海外の間伐

一方、海外では平地に多くの森林があります

このため、作業道をつける必要がありません

大型の重機がそのまま森に入り、一気に作業をしてしまいます

海外の作業効率は圧倒的です

クローラーじゃなくて、タイヤだから機動力もありそうだね

補足:海外の急傾斜地での施業

海外の急傾斜地には大型のトラックが入れるような林道が整備されています

このため、急傾斜地でも架線集材により木材を効率よく搬出できます

しかし、日本では同じような林道を整備するのは難しいのが現状

多雨な気候で林道が崩れてしまう可能性が高いためです(莫大な維持管理コストがかかる)

 

高温多湿で雨が多い気候(造林・育林に手間がかかる)

日本の造林・育林

日本の気候は、高温多湿で雨が多いです

日当たりが良いと、背の高い雑草や灌木かんぼくが生えてきます

このため、日本の造林・育林では、

  • 地拵じごしら
    ⇒植え付けができるように、邪魔な木を伐採し土地を整理する

  • 植付
    ⇒苗木を植える

  • 下刈り
    ⇒苗木の成長を妨げる、雑草を刈り払う

などの施業をします

(他にも、つる切り、雪おこし、除伐などの施業もあります。今回は省略)

 

植付は、苗木を現場まで運んで、1つ1つ穴を掘って植え付けていきます

植付作業(出典:東北森林管理局

植付後の下刈りは、年に2回ぐらい実施

苗木が雑草や灌木に負けないよう、5年間ぐらいは毎年やります

下刈り作業(出典:東北森林管理局

これらが非常に手間です

もちろん、お金もかかります↓

しかし、良い素材を生産するのであれば、日本ではこれらの施業は必須

やらないと雑草・灌木だらけになり、苗木が育ちませんからね

 

海外の造林・育林

一方、海外はどうでしょうか?

例えば、林業が盛んな欧州

欧州の気候は年間を通して降水量が少なく、空気が乾燥しているため雑草、灌木があまり生えません

▼ ドイツの森林(背の高い雑草、灌木が少ない)

雑草や灌木に生育を邪魔されないので、木は放っておいても勝手に生えて育ちます

UNECE/FAO (2011)によると、なんと約7割が天然更新です

日本のように造林・育林に膨大な手間をかける必要がないわけですね

 

さいごに

日本で林業の生産性が低い理由としては、他にも

  • 小規模な森林所有者が多い

  • しっかりした森林の土地台帳がなく、所有者や境界がわからないことがある

なども挙げられます

 

しかし、

  • 森林が急傾斜地にある

  • 高温多湿で雨が多い気候
    (造林・育林に手間がかかる)

という2つが、根本にある問題だと思います

そして、地形や気候の問題なので解決も難しい

なので、今後も『林業の生産性が低い』状態は続きそうですね…

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

林業
スポンサーリンク
8myをフォローする
8myが投資で自由を目指すブログ

コメント