【画像多めレビュー】楽天シニアとは?使い方、稼ぎ効率を紹介

健康

こんにちは!

8my(@8my__)です

今回は、『楽天シニア』について紹介していきます!

楽天シニア

楽天シニア

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

 

▼ この記事はこんな方におすすめ

  • 楽天シニアって何?
  • 楽天シニアの使い方が知りたい
  • 楽天シニアは稼げる?

画像多め、分かりやすさ重視で解説します

それでは早速、みていきましょう!

スポンサーリンク

楽天シニアとは?


楽天シニアでは、

  • 1日4000歩以上歩く
  • イベントに予約&参加

のどちらかをして、端末がある施設でチェックインすると楽天ポイントが貯まります

 

名前に『シニア』と付いていますが、年齢、性別は関係なく利用可能

もちろん無料で利用できます

チェックインできる施設は公式サイトで確認できます↓

対象施設は拡大中です

楽天シニアの使い方

1.歩いてポイントを貯める

まずは、1日に4,000歩以上歩こう!

歩く際は、スマホをポケットやカバンに入れておけばOK

楽天シニアのアプリを立ち上げておく必要もないです

 

歩数はスマホの『加速度センサ』により計測されています

加速度センサとは、スマホの動きや傾きを検知するセンサ

自動で画面の縦向き、横向きが切り替わるのもこのセンサのおかげ
使ってみたところ、実際の歩数とはズレがあります
 
「全然違う!」、「歩数が増えない!」という場合は、↓を参考にしてください
歩数が増えない場合の対処法

iPhoneの場合は、アプリの歩数機能を連動させましょう

▼ 連動手順
設定→プライバシー→ヘルスケア→楽天シニア→「歩数」の右横のバーを左から右にスライド

それでも、ダメなら楽天シニアに問い合わせましょう

▼ 問い合わせ手順

問い合わせ方法

4,000歩以上歩いたらチェックイン

4,000歩以上歩いたら、専用端末にQRコードをかざしてチェックイン

期間限定ポイントとして1ポイント付与されます

QRコード表示方法

また、1週間前までの歩数がポイント獲得対象になるので毎日チェックインする必要はありません

1週間に1回チェックインすればOKです

2.イベント参加でポイントを貯める

まずは、イベントを予約しよう

イベントは、ホーム画面の『イベントを検索』から探せます

予約の手順は以下のとおりです

予約方法の詳細

良さそうなイベントがあれば詳細を確認し、申し込みましょう

イベントには、商品を購入するだけのもの、オンラインで参加できるものもあります

現地参加以外のイベント

これなら、『対人でのイベントは苦手』、『時間をかけたくない』という方でも気軽に参加できますね

また、無料で参加できるイベントもあります

自分に合ったイベントを探してみて下さい♪

無料イベントもある

イベント参加&チェックイン

イベントに参加したら、専用端末でチェックインしましょう

有料イベントで獲得したポイントは、通常ポイントとして付与されます

楽天シニアの稼ぎ効率は?

楽天シニアの稼ぎ効率は、ぶっちゃけ良くないです

ガッツリ稼いでやろう!というのは無理だと思います

理由は、

  • 1日4,000歩で1ポイントしか付与されない
  • イベントは大半が有料

だからです

 

「散歩やイベント参加のついでに、少しポイントを貯めよう」ぐらいに考えるのがいいですね

稼ぎ効率重視の方は、以下の『ポイ活月収ランキング』を参考にしてください

▼ ポイ活月収ランキング

さいごに(みんなのレビュー)

以上、『楽天シニア』の使い方、稼ぎ効率の紹介でした

さいごにみんなのレビューを見てみましょう

▼ Google Play での評価

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.rakuten.senior.app&hl=ja

 

▼ 『楽天シニア』のここが良い!

  • 健康に対する意識が高まる
  • 歩くだけでポイントが貯まってお得

▼ 『楽天シニア』のここがイマイチ

  • チェックインできる施設、イベントが少ない
  • 実際の歩数とズレがある

チェックイン施設やイベントは拡大中なので、少しずつ使いやすくなるでしょうね

 

僕の評価としては

『稼ぐ』という点では微妙ですが、健康意識が高まる良アプリだと思います

気になった方はインストールしてみてはいかかでしょうか?

楽天シニア

楽天シニア

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

▼ ポイ活月収ランキング

コメント