SBI証券のメリット・デメリット。楽天証券とどっちがおすすめ?【比較、評判】

資産運用

こんにちは!

8my(@8my__)です

『SBI証券のメリット・デメリット』と『楽天証券と比べてどうなのか』

について解説します

この記事はこんな方におすすめ

  • SBI証券と楽天証券ではどっちが良いの?

  • SBI証券のメリット、デメリットは?

  • SBI証券の評判が知りたい
SBI証券と楽天証券のどちらがおすすめか
結論から先に言うと
  • IPO、外国株をやる方はSBI証券がおすすめ

  • そうでない人は楽天証券の方がベター

です。

それではサクッと見ていきましょう!

 

▼ 証券口座開設はこちら ▼

証券口座開設は、ハピタス経由がお得!

2022年1月現在であれば、4,000円~15,000相当のポイントをGETできます


ハピタス公式へ

 
スポンサーリンク

SBI証券のメリット6つ

  • 手数料が安い

  • IPO取扱数が多い

  • 投資できる国が多い

  • Tポイントが貯まる・使える

  • 少額から購入できる

  • 即時入金サービス

手数料が安い

出典:SBI証券公式ホームページ

主要ネット証券会社の中で、楽天証券と並んで手数料は最安です

 

IPO取扱数が多い

新規で上場する株(IPO株)は値段が安めで売られます

このため、お得に買える!ということで非常に人気

そんなIPO取扱数がSBI証券は非常に多くなっています↓

出典:SBI証券公式ホームページ

IPO投資をするならSBI証券は口座開設しておきましょう

SBI証券では『IPOチャレンジポイント』という制度があります

IPO株を買える可能性が高いです

 

投資できる国が多い

出典:SBI証券公式ホームページ

いろんな国の様々な金融商品に投資できます

外国株の取扱国数はネット証券で最多

また、『為替手数料を安く抑えられる』『海外ETFの積み立てができる』といった点からも、外国株を取引きするのであればSBI証券はおすすめです

僕も海外ETFを購入する際にはSBI証券を利用しています

 

Tポイントが貯まる・使える

出典:SBI証券公式ホームページ

Tポイントが貯まる

国内株式の取引手数料の1.1%分のTポイントが貯まります

また、投資信託は保有しているだけでTポイントが貯まります

⇒投資信託の保有額が1,000万円未満の場合は年率0.1%、1,000万円以上の場合は年率0.2%相当のTポイントが付与されます

ちなみに、楽天証券の『ハッピープログラム』では保有する投資信託10万円ごとに4ポイントが毎月付与されます

 

Tポイントが使える

貯まったTポイントは1ポイント=1円で投資信託の購入に利用することができます

もちろん、SBI証券以外で貯めたTポイントを使うことも可能です

 

少額から購入できる

単元未満株(S株)

株式の取引は100株、1000株などの最低取引単位が決まっており、ある程度まとまった資金が必要になります

しかし、SBI証券ではなんと1株から購入できます

少ない資金でも投資ができ、分散投資もしやすいです

もちろん、配当金も貰えます

 

投資信託

投資信託は楽天証券と同じで100円から買い付けできます

前述のとおりTポイントも利用できます 

 

住信SBIネット銀行との連携でメリット有

出典:SBI証券公式ホームページ

ハイブリット預金にお金を入れておけば、SBI証券の口座にお金が無くなった際に、自動でお金を移動させてくれます

そして、ハイブリット預金の普通預金金利は年0.01%

大手銀行の普通預金金利が0.001%なので10倍の金利です

ちなみに、楽天証券でも楽天銀行との連携(マネーブリッジ)があります

SBI証券と同様に自動スィープができ、優遇金利ありです


そして楽天の場合、連携後の金利は…なんと年0.1%です

 

SBI証券のデメリット(楽天証券と比較して)

僕が一番おすすめの『楽天証券』と比較して、SBI証券のここが物足りないという点は以下のとおり

 

楽天証券の方がポイントが貯まりやすい

SBI証券ではTポイントが貯まりますが、楽天証券では楽天ポイントが貯まります。

そして、ぶっちゃけ...楽天証券の方がポイントが貯まります

一番の理由がクレジットカード決済

楽天証券では楽天カードを使って投資信託の積立ができます(月5万円が上限)

つまり、投資信託を買うごとに100円につき1円分のポイントが入るわけです

これは、無リスクで1%の運用益をGETできるのと同じこと

まさに錬金術だと思います 笑

 

【追記】

SBI証券でも『三井住友カード』でクレカ決済が可能になりました

ただ、

  • 年会費無料の一般カードでの場合、還元率が0.5%

  • 楽天ポイントの使い勝手が良い

という点で、楽天証券の方がベターですね

 

楽天の方が普通預金金利が高い

 普通預金金利
楽天証券 と 楽天証券を連携年0.1%
SBI証券 と 住信SBIネット銀行を連携年0.01%

楽天証券の方がポイントや金利の面でお得になっています

 

SBI証券の評判・口コミ

 

さいごに

SBI証券はIPOや外国株をやるのであれば、口座開設をしておくべきだと思います

ただ、楽天証券と比較すると、ポイントの貯まりやすさや預金金利で一歩及ばずという感じ

なので、

  • IPOや外国株をやりたい人
    ⇒SBI証券

  • 投資初心者、ポイントを貯めたい人
    ⇒楽天証券

がおすすめです

ちなみに僕は両方の口座を持っています(メインは楽天)


口座開設は無料なので、実際に使って試すのもいいかもしれません↓

▼ 証券口座開設はこちら ▼

証券口座開設は、ハピタス経由がお得!

2022年1月現在であれば、4,000円~15,000相当のポイントをGETできます


ハピタス公式へ

 

▼ 楽天証券の詳細 ▼

▼ 資産運用の始め方 ▼

この記事を書いた人
8my

投資、生活が豊かになる方法を探すことが好き。大企業で社畜→2年半で逃げ出す→田舎で木こりに転職→節約生活→積立投資とブログ開始→豊かで自由な生活を送るために日々模索中。目標はセミリタイア。金融資産1,700万。33才。娘1人。このブログでは、仕事(林業)のこと、投資のこと、生活の質を上げるための方法を発信します。

8myをフォローする
資産運用
スポンサーリンク
8myをフォローする
8myが投資で自由を目指すブログ

コメント