積立NISAのメリット・デメリット。おすすめの銘柄や積立方法も紹介!

資産運用

どうも8my(@8my__)です

今回の記事では、積立NISAのメリット・デメリットをザックリとまとめました

積立におすすめの銘柄や、効率の良い積立方法も紹介します

この記事はこんな方におすすめ

・投資初心者の方

・積立NISAについて知りたい人

・お得に積立NISAを利用したい人
スポンサーリンク

積立NISAとは

積立NISAは「みんなに長期投資をして資産をつくってもらいたい」ということで国が作ったお得な制度です

対象者日本に住む20歳以上の人
投資できる金額年間40万円まで
非課税の期間最長20年
対象商品国の基準をクリアした投資信託のみ

積立NISAのメリット

メリットを5つ紹介します!

利益に対して税金がかからない

投資で利益がでた場合、約20%の税金がとられます

しかし、積立NISA口座で運用した場合は税率0%

つまり、40万円(年間の投資上限額)×20年(最長の投資期間)=800万円なので

800万円までは完全非課税で投資することができます

【例】10万円の利益がでた場合にかかる税金

▶通常の場合⇒2万円が税金として取られる

▶積立NISAの場合⇒0円(非課税)

かなりお得に資産運用ができるね

長期間の積立ができる

積立NISAでは20年と長期間での運用が可能です

実は、投資において長期というのは超重要なポイント

なぜなら、投資は短期的には損になっても長期で見れば利益がでることが多いからです

以下の記事で詳しくは解説しています

また一定額の投資を長期で継続することで、高値で少なく買い、安値で多く買う効率的な投資ができます

例えば毎月300円ずつ投資していた場合、価格が300円なら1つ、価格が150円に下がれば2つ買えますよね

積立だと効率良く投資ができる

これにより、『高値で多く買う』という不利な投資を回避できます

対象商品が限定されている

「限られている」と聞くとマイナスのイメージを抱くかもしれませんが、実はこれがメリット

理由は、ゴミのような商品を購入してしまうことを避けられるから

「手数料が高く、長期投資に向かない」
「投資対象がイマイチ」

世の中にはこんなゴミ商品が山ほどあります

積立NISAで購入できる投資信託は、国の厳しい基準をクリアしているのでゴミ商品である可能性は低いです

いつでも解約できる

「どうしても現金が必要になった」という場合にはすぐに解約して現金化することができます

解約する際にペナルティーで課税されることもありません

解約手数料が多少かかる場合があるぐらいです

ただ、積立投資は長期で運用してこそ真価を発揮するので、満期まで解約しないのがおすすめ

『積立の一時中止』や『積立額の減額』でなんとかなるなら、こちらで対応しましょう

もちろん確定申告不要

利益・損失、いずれが出ても確定申告は不要です

忙しいサラリーマンにはありがたいですよね

積立NISAのデメリット

デメリットは3つ。それぞれ見ていきましょう

投資枠が決まっている

年間に投資できる額は最大40万円まで

もっと投資したい!という方はNISA口座を利用するか、特定口座と積立NISA口座を併用する必要があります

ちなみに、僕は特定口座と積立NISA口座を併用しています

また、非課税で投資できる期間は口座を開設した年から20年間です

未使用の投資可能枠があっても翌年に繰り越すことはできません

1つの証券会社でしか開けない

積立NISA口座は1つの証券会社でしか持てないので、口座開設は慎重に

おすすめは手数料の安いネット証券です

なかでも『楽天証券』が積立NISAとの相性抜群だと思います

楽天カードで積立投資をしていけば楽天ポイントがザクザク貯まります

僕も楽天証券で積立NISA口座を開設していますよ

次点でSBI証券ですね

NISA口座が使えなくなる

『NISA口座』と『積立NISA口座』はどちらか一方しか開設できません

でも、コツコツと投資していこうと考えている人には、ぶっちゃけ、あまり問題ではありません

理由はNISA口座が使いづらいから 笑

積立NISA一択でOKです

NISA口座は年間に非課税で投資できる額が120万円と、積立NISAよりも多いですが、非課税期間が5年しかありません

たった5年では長期の運用によるメリットはあまり受けることができないのでイマイチです

ちなみに、僕は2015年~2019年まではNISA口座を利用していましたが、2020年から積立NISA口座に乗り換えました

おすすめ銘柄はeMAXIS Slimシリーズ

積立NISA口座で投資する際のおすすめ銘柄は、eMAXIS Slimシリーズです

理由は、『業界最低水準の運用コストを、将来にわたってめざし続けるファンド』と謳っており、他の投資信託のコストが下がれば、それよりさらにコストを下げてくれるから

コスト(手数料)は低ければ低いほどよく、各社もどんどんコストの低い新しい投資信託を出しています

そんな中で、「あの投資信託の方が手数料が安い!」と言っていちいち乗り換える手間なくなるわけです

eMAXIS Slimシリーズの中で初心者におすすめなのは、バランス(8資産均等型)

これ1本で広範囲の分散ができ、リバランスも自動でできます

 

毎月のおすすめ投資額は33,333円

積立NISAでは一定額を定期的に購入していきます

月ごとに積み立てていく場合であれば、おすすめは毎月33,333円

毎月33,333円ずつ購入すると、1年で399,996円購入できるからです

積立NISAの投資可能額は年間40万円までなので、ほぼ使いきることができます

さいごに

積立NISAはせっかく国が準備してくれたお得な制度です

メリットが大きく、リスクが低い長期投資との相性も抜群です

使える制度は活用してお得に資産形成を進めましょう!

無料口座開設はこちら

楽天証券 :クレジットカード決済でポイントがザクザク貯まります

SBI証券:楽天証券と並んで手数料最安

コメント