【3分で分かる】私の財産告白(著:本多静六)要約まとめ

資産運用

こんにちは!


8my(@8my__)です

今回の記事は、『私の財産告白』を紹介します

 

50年以上読み継がれている名著で、多くの成功者が読んでいる『ブレない財産の作り方』のバイブルです

 

著者の本多静六さんは、東大で教授をしながら、25歳から資産運用を開始

最終的に100億円を築いた伝説の億万長者です

なんと、渋沢栄一や、大隈重信の顧問も務めたそうですよ

 

結論から言うと、本多静六さんの蓄財法は超シンプル

基本は

  • 積極的に働く
  • 給料から少しずつ貯める
  • 投資で雪だるま式に増やす

たったこれだけ。

そして、とにかく努力することです(本書のキモ)

 

本書で紹介されているのは、キラキラしたサクセスストーリーではありません

すごく地道で、時間もかかります

しかし、ただまっすぐにやり続ければ、誰でも確かな財産を築くことができます(だけど、ほとんどの人がやらない)

伝説の億万長者が明かす、『お金と人生の真実』を見ていきましょう!

 

▼ この記事はこんな人におすすめ

  • 『私の財産告白』の要約を知りたい
  • お金持ちになりたい
  • 人生を豊かにしたい
スポンサーリンク

『私の財産告白』の目次

前半は「蓄財術」、後半は「処世術」について書かれています

【私の財産告白】

  1. 貧乏征伐と本多式貯金法
  2. お金の貯め方・殖やし方
  3. 最も難しい財産の処分法
  4. 金と世渡り
  5. これからの投資鉄則

【私の体験社会学】

  1. 儲かるとき・儲からぬ時
  2. 儲ける人・儲けさせる人
  3. 人間的サラリーマン訓
  4. 人を使うには・人に使われるには
  5. 平凡人の成功法

総ページ数は212ページ

「昔の本だから読みづらいかも…」と思っていましたが、本多さんの体験に基づいて書かれているため、すごく説得力があり読みやすかったです

『私の財産告白』を3分で要約!

それでは本書の内容をザックリ紹介します

今回は『蓄財術』について、僕が「ここは重要だ」と思ったところをまとめてみました

お金を「稼ぐ」「守る」「増やす」の3つ視点から紹介します

『お金を稼ぐ』ために大切なこと

仕事を道楽化する

「毎日の仕事が面白くてたまらない!」←これが人生最大の幸福

仕事から充実感を得られるだけでなく、お金も、名誉も、生活も恵まれてくる

 

仕事を道楽化する方法はただ1つ。勉強し、努力すること

どんな仕事でも始めは辛いが、迷わず努力を続ければ面白みが出てくる

面白みが出てくれば、その仕事は負担や苦痛でなくなる

副業をする

蓄財するには、節約などの消極策ばかりでは不十分

そこで、本業に支障が出ない範囲で、勉強になる仕事を選び副業をする

副業も、忍耐と継続が重要

次第に慣れて、面白みが出てくる

『お金を守る』ために大切なこと

通常収入の25%、臨時収入の100%を貯金する

本多式貯金法

  • 給与の25%は貯金、賞与は100%貯金する

  • 利子や配当は通常収入とみなし、25%を貯金する

「そんなに貯金するの⁉絶対に無理!!」

と思われるかもしれないが、その水準で生活している人もいる(倹約すれば無理ではない)

始めは苦しいが、それは苦しいのを逃れるための苦しさ

辛抱すれば、だんだん使えるお金が増えてくる

家計簿をつける

貯金をつくる生活は、まず家計簿をつける生活から

自分のお金の流れが分かる

倹約をする

義理人情を欠いてまで欲張るのはダメ(=ケチ)

ただ、自分に対してだけは、足るを知り、一切の無駄をなくして我欲をおさえる生活を目指す

それでも「ケチ」と言われるかもしれないが、「気前がよい」とおだてられつつ不安な生活を続けるよりマシ

また、倹約生活を経験することで、物事の価値認識が深まり、生活の向上をめざす努力と幸福も生まれる

虚栄心を捨てる

蓄財するのに一番の障害になる

  • 家柄を誇る
  • 習慣やしきたりにとらわれる
  • 見栄のためにお金を使う

これらは全部ダメ

自分の値打ちが銀でしかないのに、金メッキでもいいから金に見せかけたい

そんな思いは捨てる

銀は銀なりに暮らせばいい

さらに人生をより安全にし、生活をより健全にしようとするなら、むしろ一歩ひいて銅や鉄の生活をすべき

 

また、2倍お金を使っても、幸福は2倍にならない

それよりも、人生が上向きであるか、下向きであるかが重要

お金を貸さない

親戚や友人であっても、お金を貸してはダメ

死に金になるばかりでなく、借りた人の失敗や墜落を助けることになる

お金を貸さない代わりに、お金の知識を教えてあげるのがオススメ

保証人になるのは論外

全てを失う可能性がある

『お金を増やす』ために大切なこと

雪玉が斜面を転がるように増やす

複利を使うということ

資産からの収入は再投資が基本

雪玉と同じで、小さくても中心となる玉ができると勝手に転がりはじめ、あとは面白いように大きくなってくる(=資産が大きくなる)

この方法は誰でも使える

堅実に投資する

投機はダメ。

投資する場合は

  • 分散投資
  • 長期投資
  • 現物取引(レバレッジなし)

これが基本

どれだけ値下がりしても、全部の買受金が準備されているからビクともせず、長期保有ができる

詳しい投資法は、『2割利食い、10割半分手放し』として紹介されています

気になった方はぜひ本書で確認してみてください

時節を待つ

上手に投資したいのであれば、景気の循環をいつも観察すべき

そして、

  • 好景気 ⇒ 勤倹貯蓄
  • 不景気 ⇒ 思い切った投資

という投資を、時期を逃さず繰り返すのがよい

本書のキモ『努力すること』

最重要メッセージは『努力すること』だと感じました

蓄財でも仕事でも、勤勉に励んで努力を続ける

すると、資産は次第に大きくなり生活が自立してくる、仕事は面白みがでてきて楽しくなる

こうなれば、相乗効果でどんどん人生の幸福度は高くなっていきます

相乗効果で幸福度UP


著者は子供に財産を相続せず、ほぼ全額を寄付しました

理由は、子孫に生涯ずっと努力をしてもらいたいから

幸福は、「もっと自分を良くしよう」「生活を良くしよう」「人生を良くしよう」という努力からしか得られないと考え、子孫からその喜びを奪いたくなかったんですね

さいごに

世の中には誰もが勝てる勝負がある。

しかし、ほとんどの人はそういう勝負には参加をしない。

本多静六という人が人生で行った勝負は、その「誰もが勝てるが。ほとんどの人がしない勝負だった。」

※『私の財産告白』解説より引用

本書の蓄財法は、『誰もが知っていて、誰もができるのに、ほとんどの人がしない』方法でした

なぜ、ほとんどの人がしないのか…

それには、努力し続けることの難しさがあるからだと思います

 

しかし、努力を続ければ何事も楽しくなる、幸福度が増すことが本書を読んでよく分かりました

「人生をより良くするために、コツコツと努力を続けよう」

そう思わせてくれる素敵な本でしたね

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

今回の記事では紹介できませんでしたが、本書には本多静六が人生経験から学んだ『処世術』も載っています

  • 失敗のあつかい
  • 人に儲けさせると、返ってくる
  • 人に感謝し、ゆずる
  • 知識や経験をふりまわさない
  • 人の名前を覚える
  • 頼まれごとを忘れない
  • 人の意見をよくきく
  • ユーモアを持つ

など

気になった方はチェックしてみてください。

 
 
\ 初月無料。1冊タダで聴ける! /
※ いつでも退会可能

コメント