【まとめ】人生がうまくいく方法

思考・習慣

こんにちは!

8my(@8my__)です

今回の記事では、人生がうまくいく方法をまとめました

この記事はこんな人におすすめ

  • 仕事を成功させたい

  • ツキに恵まれたい

  • お金から愛される人になりたい

  • いつも健康でいたい

 

参考にしたのは、こちらの本です↓

 

本書は、

  • 「1回読む」と困ったことがなくなる

  • 「7回読む」とすべてが思いどおりになる

として、『伝説の名著』なんて評判もあるようです

 

著者は、斎藤一人さん

  • 『銀座まるかん』の創業者

  • 93年から高額納税者番付の10位以内にただ一人、11年連続でランクイン

  • 『変な人の書いた成功法則』など著書にベストセラー多数

と、大成功を収めた方です

 

そんな斎藤一人さんが考える『人生がうまくいく』エッセンスを、僕の考えも交えながら、

  • 仕事
  • お金
  • 人間関係
  • 生き方

の4点から見ていこうと思います

スポンサーリンク

人生がうまくいく方法

 

仕事編

 

どんな仕事でも、一生懸命やる

楽しいことは楽をすることではない

ゲームも簡単、単調すぎるとつまらない

一生懸命やって、工夫や改善をしていく

すると『面白味』がでてくる


とにかくこだわる

どうすればお客さんが喜ぶかずーっと考える

追及するから楽しい

お客さんは感じのいいところに行く

一生懸命やっているところに行く

 

えこひいきしてもらう

「つい、あの店(あいつ)使っちゃうんだよ」って人になる

「いつも顔色がいいですね」とか、お世辞の1つも言ったりする

機嫌取りが苦手なら、身近な人で練習してみよう

 

「これは絶対に当たる」なんて考えない

商売では、10に1つ当たればいい方

10に1つぐらいしか当たらないから、お金のかけすぎはダメ

まず、少しやって成功のきざしがあるか見る

「これは10に1つだな」とわかったら、全力でやり込む

 

経営にはコツがないと知る

経営のコツは「早くコツがないとわかる」こと

ただひたすら真剣に、真剣に仕事のことを考える

寝ても起きても、『仕事を今の時代にどうやって合わせるか』を考える

ひたすら努力するしかない

 

お金編

 

『役に立つこと』を心がける

報酬は、『自分がどれぐらい世の中のお役にたっているか』というバロメーター

報酬を上げるには、人の不快、疑問などを解決して役立つことが大切

 

『役に立たないこと』に気をとられない

  • 修行したから10cmほど浮けます
  • カードの番号を当てられます

こういう実利が無いことはどうでもいい

『空を飛べるから荷物を早く運べる』『競馬の結果を当てられる』というなら話は別

こんなところに時間とお金を使っても意味がない

だまされて、お金をとられる可能性もある

 

お金を貯める

お金がないと、お金をもらうために嫌な奴にも頭を下げる必要あり

お金があれば、嫌な奴に「冗談じゃない」って言える

ストレスフリーに生きたいなら、お金は貯めるべき

特に、お金を定期的に運んできてくれる資産(株、不動産など)を持つべき

 

人間関係編

 

無駄に人脈をつくらない

人脈は財産ではない

むしろ負債。時間とお金の無駄

必要のない人間とダラダラ付き合っても、何の得にもならない

自分が心から、『大切だ』『尊敬できる』という人だけと深く付き合う

 

自分にやさしく、人にやさしく

自分に厳しいと、他人にも同じレベルを求めがち

だから、ストレスなく、快適に生きたいなら、適当に自分を甘やかす

人にも「まあこんなもんでいいよ」ってスタンスがいい

 

言いにくいことは、先に言う

例えば、「飯食ったら、ご馳走様っていうんだぞ」ってご馳走する前から言う

それをご馳走してから「なぜ言わない!」って言うから、けんかになる

言わないと、わからない人もいる

わからないことで怒られるから、相手も困まる

 

知らないふりをする

しゃしゃり出たことはしない

だから、知ってても「なるほど~」とか、知らないふりをする

相手も長く生きて自信を持っているんだから、そっとしておけばそれでOK

最終的には、人のプライドを傷つけない愛情

 

結婚は修行だと知る

結婚相手というのは、一番相性の悪いのが一緒になる

だから「この人に幸せにしてもらおう」とか考えちゃダメ

  • この人に修行させてもらうんだ
  • いい修行になるなー

とか思っていればいい

結婚生活(修行)を送ると人間的に成長することができる

 

生き方編

 

自分ができないことはやらない

『できないこと』を『できるようにする』には相当のエネルギーと時間が必要

しかも、できるようになっても並程度

それなら、得意なこと、できることを伸ばした方が◎

自分がやってて楽しいし、どんどん伸びる

苦手なことは得意な人に任せればOK

 

今をしっかり生きる

過去や未来について、あれこれ悩んでも無意味

過去のことは、「いい経験したな、あれを活かして幸せになろう」と思うしかない

未来のことは、起こるかどうかも分からない

それよりも『今』に集中してベストを尽くすべき

 

前向きに生きる

みんなが暗い、疲れている中で

  • 明るい顔している人
  • 「頑張りましょうよ!」って言える人

が伸びる

世の中が暗くなると、あなたがロウソク程度の光でも目立つ

 

どんなことにも感謝する

成功する人は感謝が多い

『いいこと』があったから感謝するのは当たり前で、『嫌なこと』にも感謝する

自分が失敗した時には、「責任は100%自分にある」と考え、「あ、こういうことをすると、失敗するということがわかった。ありがたいな」と感謝する

こうやって、嫌なことや失敗から学んでいく

だから、なんでもどんどんうまくなっていく

不平不満を言わず、いつも感謝しているため、周りに人も集まりやすい

 

さいごに


以上、『人生がうまくいく方法』のまとめでした

人生がより良くなるように、自分のできる範囲で少しずつ意識したいですね

 

今回、参考にした本『人生が全部うまくいく話』は、斎藤一人さんが語りかけるような形式で書かれているため、非常に読みやすかったです

総ページ数も187ページなので、1~2時間で読めました

 

↓こんな時に読むと、いろんな気づきがあると思います

  • 気分が落ち込む
  • なんかうまくいかないな~

気になった方は、手に取ってみてくださいね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

  1. じゅうじゅうわかってるけどできないような当たり前のことばかりだなあ。
    これが評判がいいのか?

    • deds さん

      いつもコメントありがとうございます。
      当たり前なのに、できてないことだから見直したいですよね。
      自分は『お金持ち100人の秘密の習慣大全』という本の中の、『お金持ち100人が勧める本』という項目で本書を知りました。
      少し古い本ですが、評判はいいと思いますよ。

      • 当たり前のことを批判を恐れずに当たり前に言うというのも価値があるということなのかな?

        • deds さん

          当たり前だけど『忘れがちなこと』『普段、意識できていないこと』だと感じました。
          ハッとさせられるというか…
          僕は価値がある本だと思いましたよ(人それぞれだと思いますがね)