【画像多め】CASHb(キャッシュビー)の使い方、メリット・デメリットを解説

ポイントサイト

こんにちは!

8my(@8my__)です

買い物の際にもらうレシート…

すぐ捨ててませんか?

ちょっと待ってください!

 

捨てる前にちょっとひと手間、アプリでレシートを撮影するだけでお小遣いを稼げますよ

今回の記事では、僕が2年ほど愛用している『CASHb』を紹介します

スポンサーリンク

CASHbの使い方

1.まずはお買い物メニューで購入予定の商品を選びます

今回は春菊を選んでみましょう

獲得予定CBは『10CB』ですね

CASHbでの交換レートは『1CB=1円』なので、10円分のポイントがGETできます

 

2.次に広告動画や商品・キャンペーン情報を観たり、アンケートに答えます

案件ごとに違います

この度の春菊の案件では動画を見ることになっていました

 

▼ 画像の一番下にある『動画を閲覧する』をタップ

15秒ほどの動画を見ます

 

これで買い物の準備はOK!

春菊の獲得予定CBの上に『お買物予定』のマークが付きました

 

3.買い物後にレシートを撮影

買い物後に、レシートに載っている商品を選択してレシートを撮影します

1枚のレシートに複数の対象商品がある場合は、複数選択

レシートを撮影する際は、レシート縁を左右の緑の線に合わせるように撮影します

まぁ、大体で大丈夫です

 

▼ こんな感じでOK

僕はいつもこんな感じで撮影していますが、承認されなかったことは無いです

赤い横線とレシートの文字が平行にもならないといけませんが、これも大体でOKです

 

レシートが長くて画面におさまらない場合は、1枚撮影後に『続きを撮影』をタップして数回に分けて撮影します

 

4.バーコードを撮影

バーコードを読み取って、レシートを送信して終わりです

だいたい5日以内には承認されてポイントがもらえます

使い方は以上です

慣れてしまえば2分ぐらいでできます

CASHbのメリット

1.対象商品が多い

2.判定基準がゆるい
 

まず、1.ポイントの対象になる商品が多いです

CASHbでは全国どこの店で商品を購入してもレシートが発行されればOKです

また、商品名すら指定されていない『すべてのメーカーOK』という案件も結構あります

このため非常にポイントが貯まりやすいです

 

次に、2.判定基準がゆるいのもメリット

例えば僕が「ゆるいな~」と感じた例は以下のとおり

  • ガーデニング用品ならなんでもOKという案件

    ⇒『三角コーナー用のゴミ袋』で申請

    承認!

  • 惣菜ならなんでもOKという案件

    ⇒『納豆』で申請

    承認!

「いや、どう考えても無理だろ!」ってものでも意外と承認されます

CASHbのデメリット

1.換金のハードルが高い

2.バーコードリーダーの感度が悪い
 

まず、1.換金のハードルが高い

CASHbの最低交換CB数は1,000~2,000CB

交換先について

 

案件はメーカー指定の無いものであれば10~20CBほど…

換金までの道のりは遠いです

 

▼ 『CASHb for 楽天銀行』なら換金が早いです

※ ただし、案件数がすこし少ないです

 

次に2.バーコードリーダーの感度が悪いです

僕のスマホのせいかもしれませんが、結構な頻度でボヤけてしまいます

こういう時は、

  1. 一度スマホのカメラをバーコードから外す

  2. 適当に家の壁など、遠くのものに焦点を合わせ再度バーコードを写す

こうすると焦点が合う事が多いですね

まとめ

CASHbの魅力はやはり対象商品が多いこと

レシートさえもらえれば、日本のどこの店で購入してもOK

しかも、メーカー指定すら無い案件もあります

換金までの道のりが少し長いですが、コツコツと貯めていけば手数料0円で換金できます

CASHbを上手に使って節約しちゃいましょう!

CASHb レシートがお小遣いに変わる主婦の味方アプリ

CASHb レシートがお小遣いに変わる主婦の味方アプリ

キャッシュビー株式会社無料posted withアプリーチ

 

ちなみに、僕の紹介コードはA02BS(エー、ゼロ、二、ビー、エス)です

 

2021年12月12日まで有効なので、入力してもらえると喜びます

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

▼ お小遣いを稼ぎたい人、必見

コメント