身バレを防ぐ!投稿する写真から位置情報(exif情報)を消す方法。【WordPressは注意】

Cocoonカスタム

スマホで撮った写真をそのままSNSやブログにアップしていませんか?

実はそれ、身バレや自宅が特定されてしまう可能性があるんです

いやいや、人や場所が特定されるような写真は投稿しないようにしてるよ。

それだけではあまいです。

なぜなら、GPS機能をもつスマホやデジカメで撮影した写真には、位置情報(exif情報)が埋め込まれているから

位置情報が埋め込まれたままだと、簡単に場所を特定されてしまうんです

今回の記事では、安心して情報発信できるように、位置情報の確認方法と削除方法を解説します

スポンサーリンク

位置情報って何?確認する方法は?

位置情報は誰でも簡単に確認することができます

写真をパソコン上に保存し、『プロパティ』を見てみましょう

次に『詳細』をクリックします

写真の情報がずら~っと出てきます

その中にGPSという項目があり、写真を撮影した場所の緯度、経度、高度が表示されています

緯度と経度が分かれば場所は簡単に特定できてしまいます…

そもそも位置情報は、撮影場所を忘れてしまった時のために記録されているんですが、これが第三者に悪用されてしまうと…怖いですね

位置情報を自動で削除してくれるSNS・ブログ

写真をSNSやブログにアップしまくっている人は不安になったかもしれません

でも、大丈夫

以下のSNS、ブログでは位置情報を自動で削除してくれるので安心してください

・LINE
・Twitter
・Instagram
・Facebook
・メルカリ
・アメーバブログ
・はてなブログ

※ 多くのブロガーが利用しているWordPressではプラグインをインストールしないと、自動削除ないので注意が必要です(詳しくは後述)

位置情報を削除する方法

  • 自動削除してくれないサービスを利用している
  • 自動削除だけではなんとなく不安

こういう人は、以下のような方法で位置情報を消すことができるので参考にしてみてください。

・スマホで設定を変える

・アプリを利用する

・プラグインを利用する(WordPress)

スマホで設定を変える

位置情報なんて必要ない!という人は、あらかじめスマホで位置情報の設定を変更することで、写真に位置情報が入らないようにできます

・iPhoneの場合
「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「カメラ」→「許可しない」

・Androidの場合
カメラアプリを開く→「メニュー」→「設定」→GPSのタグをオフ

アプリを利用する

位置情報を削除してくれるアプリはいろいろありますが、自分が利用しているのはこれ

写真情報確認:Exifリーダー

写真情報確認:Exifリーダー

tsttmk無料posted withアプリーチ

写真情報確認というアプリです

無料で利用できるので大変助かっています

プラグインを利用する(WordPress)

WordPressでは位置情報を自動で削除するためにはプラグインをインストールする必要があります

自分が利用しているのはEWWW Image Optimizerというプラグイン

インストールして、EWWW Image Optimizerの『設定』からベーシックタブ内にある『メタデータを削除』にチェックを入れて有効化するだけで、写真ファイルがアップされる際に自動で位置情報を削除してくれるので非常に便利です

また、ページ上部にある『一括最適化』から、『最適化されていない画像をスキャンする』を選択することで、過去にアップロードした画像の情報も削除することができます

さいごに

写真の位置情報が悪用されてしまうと、身バレや自宅が特定されたりする恐れがあります

自分は心配性なので、スマホの設定で位置情報をOFFにして、『位置情報確認』アプリでファイルの情報を削除して、さらにWordPressでは『EWWW Image Optimizer』をインストールして情報を削除しています

さすがにここまでする必要はないと思いますが、全く対策をしないのは危険です

安全に画像をアップすることを意識して、楽しく情報発信できるといいですね

コメント