恐怖指数(VIX)とは?逆張りの目安として活用できる?

株式

どうも8my(@8my__)です。

8myは基本的にドルコスト平均法によるインデックス投資なのですが、恐怖指数(VIX)を基準にした投資も取り入れています。

この度の記事では、恐怖指数(VIX)とは何か?有効に使えるのか?といった点について簡単にに紹介します。

恐怖指数(VIX)とは?

恐怖指数とは、米国のシカゴ・オプション取引所(CBOE)が公表している『ボラティリティ・インデックス』(VIX)の別名で相場の不安定性を示す数値として活用されています。

S&P500が下落する場合はVIXは上昇する傾向があり、VIXとS&P500のパフォーマンスは負の相関関係があります。

1990年~現在までのVIXとS&P500は以下のとおりです。

恐怖指数(VIX)
S&P500

目安となる数値

VIXの数値と投資家心理は一般的に以下のような関係にあります。

20ポイント以下:安定

20~30ポイント:警戒

30~40ポイント:悲観

40以上:パニック

過去の高値

過去20年間でVIXが35ポイント以上になった出来事をまとめてみました。

2001年9月21日:49.35
アメリカ同時多発テロ

2002年7月24日:48.64
エンロン不正会計事件

2002年8月5日:45.21
ワールドコム破綻

2008年9月18日:42.16
 リーマン・ブラザーズ破綻

2008年10月24日:89.53
 世界金融危機

2010年5月21日:48.20
ギリシャを筆頭とするヨーロッパでの国債懸念

2011年8月9日:47.56
S&Pが米国債を格下げ

2011年10月4日:46.88
ギリシャ国債のデフォルト危機

2015年8月24日:53.29
中国経済失速懸念

2018年2月6日:50.30
ダウ平均が過去最高1,175ドルの下落

VIXは通常であれば20ポイント以下で推移しますが、投資家心理が悪化し相場が不安定になると高くなります。

過去20年間での最高値は、2008年10月24日の日中に付けた89.53です。

そしてVIX指数の史上最高値は…
1987年10月20日、ブラックマンデーの翌日につけた172.79です。

1987年当時のVIXは、現在の算出方法とは異なる旧方式のVIX指数です。

まとめ

恐怖指数(VIX)は、市場がパニックに陥り株価が大きく下がるときに高い値となるので、VIXを目安にして投資をすれば、安値で購入できる可能性は高くなると考えています。

ただし、大底は誰にも分かりません。
ブラックマンデーの翌日のように、どんどん下がっていく場合もあります。
あくまでも一つの目安として活用するのが良いと思います。

 

コメント