ジュニアNISA口座のメリット、デメリットを簡単にまとめたよ

金融用語

こんにちは!

8my(@8my__)です

ジュニアNISA口座のメリット・デメリットをまとめました

 

スポンサーリンク

そもそもジュニアNISA口座とは?

ジュニアNISA口座の概要
  • 対象年齢
    0~19歳

  • 年間買付金額
    子供1人あたり年間80万円まで

  • 対象商品
    株式、投資信託など

  • 特徴
    売却益や配当金が非課税

  • 運用期間
    2023年まで

ジュニアNISAのメリット・デメリットを見ていきましょう↓

 

ジュニアNISAのここが良い!

値上がり益、配当金が非課税になる

値上がり益、配当金などに対しては通常20.315%の税金がかかりますが、これが0%になります

最大のメリットと言えますね

 

2023年以降も非課税でロールオーバー可能

2023年でジュニアNISAの制度は終了します

なので、2024年からはジュニアNISAでの買い付けはできません

しかし、2023年までにジュニアNISA口座で購入し保有している商品は、『継続管理勘定』にロールオーバーが可能

継続管理勘定とは、

「子供が20歳になるまで運用益をず~っと非課税にしといてあげるよ!」

というもので、長期にわたって非課税で運用できます

 

ジュニアNISAのここがイマイチ…

非課税枠は持ち越し、再利用はできない

「今年は80万円のうちの30万円しか使わなかった。来年は余った50万円+来年の80万円=課税枠は130万円だー!」とはなりません

非課税枠は持ち越せないので、来年も非課税枠は80万円です

また、再利用も不可

「もう80万円の枠を使い切ったけど欲しい株がある…そうだ!20万円分売って、株を買おう!」というのも無理です

非課税枠で商品を購入した場合、商品を売っても非課税枠は復活しません

1度使ってしまったらそれっきりです

 

途中で解約すると課税される

2024年以降の払い出し制限がなくなりました

ジュニアNISAを解約してしまえば、全額非課税で手元に戻せます

これは、大改善です!

ジュニアNISAを使わないと損ですね

 

ジュニアNISAの資金は、子供が18歳になるまでは引き出さない方がいいです

なぜなら、子供が18歳になるまでに引き出してしまうと…

いままでの利益に対して課税されるから

税率は20.315%

特定口座で運用しているのと変わらなくなってしまいます

 

まとめ

ジュニアNISAのここが良い!

・利益が非課税になる

・2023年以降も非課税で運用可能

非課税で中途解約可能←New!
ジュニアNISAのここがイマイチ…

・非課税枠は持ち越し、再利用はできない

途中で解約すると課税される

ジュニアNISAは、18歳までに引き出すと課税されてしまいます

この点には注意して利用しないといけないですね

ジュニアNISAは、非課税で解約することが可能になりました

これでもう、デメリットは『ほぼ無い』と言えます

ジュニアNISAを活用して、子供ために資産を作ってあげましょう♪

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人
8my

投資、生活が豊かになる方法を探すことが好き。大企業で社畜→2年半で逃げ出す→田舎で木こりに転職→節約生活→積立投資とブログ開始→豊かで自由な生活を送るために日々模索中。目標はセミリタイア。金融資産1,700万。33才。娘1人。このブログでは、仕事(林業)のこと、投資のこと、生活の質を上げるための方法を発信します。

8myをフォローする
金融用語子育て
スポンサーリンク
8myをフォローする
8myが投資で自由を目指すブログ

コメント