お得に寄付しよう。所得控除と税額控除の違いは?対象は?

節税

こんにちは!

8my(@8my__)です

寄付をした際に、『控除』を使うと税金が安くなります

しかし、控除対象になるのは、

国が定めた寄付先のみです

この記事では、

  • どこに寄付したら控除の対象なの?

  • どうすればよりお得なの?

こんな疑問を解決します

 

スポンサーリンク

控除の対象となる寄付先は?

総務省のホームページにある一覧表がこちら

出典:総務省(ふるさと納税以外の寄附金税制

例えば、『ふるさと納税』は、2の『地方団体に対する寄付金』になります

なので、

  • 所得税
    ⇒所得控除

  • 住民税
    ⇒税額控除

を受けられます

 

次に日本ユニセフ協会に寄付をした場合。

ユニセフは、4の『公益財団法人』になります

表の所得税の欄をみると、

『所得控除』、『税額控除』の両方に〇がついていますね

この場合は、所得控除か税額控除どちらか一方を選択できます

なので、ユニセフに寄付した場合は

  • 所得税
    ⇒所得控除 or 税額控除

  • 住民税
    ⇒税額控除

を受けられるわけです

※ 個人住民税は、条例で指定があれば控除対象。地方自治体のホームページで要確認

 

所得控除と税額控除の違いとは?どちらがお得?

次に、『所得控除』と『税額控除』の違いをサクッと見てみましょう

まず違うのが、計算式↓

所得控除額
=(寄付金合計額ー2,000円)

税額控除額
=(寄付金合計額-2,000円)×40%

※ 寄付金合計額の限度は総所得の40%まで
※ 税額控除は所得税額の25%まで

『所得控除』の方が控除額が大きくなりますが…

実は『税額控除』の方が節税効果が高いんです

理由は、控除のタイミングが違うから↓

  • 所得控除
    ⇒課税所得を算出する際に控除される

  • 税額控除
    ⇒最終的な税額から控除される

どのぐらいお得なのか、実際に計算してみましょう↓

 

いくら税金が安くなるの?

仮定

  • 年収300万円の人が1万円をユニセフに寄付した

  • 所得税率5%

の場合、所得控除、税額控除それぞれのパターンを計算すると↓

所得控除の場合

1万円ー2,000円=8,000円(所得控除額)

この8,000円が課税所得から引かれるので

安くなる税額は…

8,000×5%=400円


税額控除の場合

(1万円ー2,000円)×40%=3,200円(税額控除額)

3,200円が税金から直接引かれます

400円と3,200円なので、税額控除がお得ですね!

 

手続きには確定申告が必要

寄付金控除を使うには確定申告が必要です

※ ふるさと納税のワンストップ特例を除く

確定申告の際には、

  • 寄付の際に受け取った『領収書』

  • 税額控除に係る証明書(税額控除を利用する場合)

などを提出する必要があります

寄付をした年の翌年の1月ごろまでには手元に届くので、保管しておきましょう

 

また、会社員で確定申告をやったことがないよ…という方には確定申告書等作成コーナーがオススメ

簡単に申告書が作成できますよ

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を書いた人
8my

投資、生活が豊かになる方法を探すことが好き。大企業で社畜→2年半で逃げ出す→田舎で木こりに転職→節約生活→積立投資とブログ開始→豊かで自由な生活を送るために日々模索中。目標はセミリタイア。金融資産1,700万。33才。娘1人。このブログでは、仕事(林業)のこと、投資のこと、生活の質を上げるための方法を発信します。

8myをフォローする
節税
スポンサーリンク
8myをフォローする
8myが投資で自由を目指すブログ

コメント