お得に寄付しよう。所得控除と税額控除の違いは?対象は?

節税

どうも8my(@8my__)です。

寄付をする際に少しでもお得に寄付ができればいいですよね。
そこで活用できるのが『控除』です。

しかし、どこへ寄付しても控除の対象になるというわけではありません。
国が定めた寄付先に対する寄付のみが控除制度の対象となり税金が安くなります。

どこに寄付したら控除の対象になるの?、どうすればよりお得なの?
今回の記事では、そんな疑問を解決するため寄付の控除についてまとめてみました。

控除の対象となる寄付先は?

総務省の公式ホームページに非常にわかりやすい一覧表があったので転載します。

出典:総務省ホームページ(ふるさと納税以外の寄附金税制

例えば、お得な返礼品で人気の『ふるさと納税』は、2の地方団体に対する寄付金に該当するので、所得税の所得控除、そして住民税の税額控除を受けることができます。

日本ユニセフ協会に寄付をした場合はどうでしょう?
日本ユニセフ協会は『公益財団法人』への寄付となるので、所得税、個人住民税の控除を受けることができます。
しかし、表の所得税の欄をみると『所得控除』、『税額控除』の両方に〇がついていますよね。
この場合は、所得控除か税額控除どちらか一方を選択して控除をすることができるんです。
(個人住民税は、条例で指定されている場合のみ控除の対象となります。地方自治体または各寄付先のホームページで確認してみてください。)

所得控除と税額控除の違いとは?どちらがお得?

所得控除、税額控除はそもそも何が違うのでしょうか?

まず違うのが計算式です。
それぞれ以下のようになっています。

所得控除額=(寄付金合計額ー2,000円)

税額控除額=(寄付金合計額-2,000円)×40%

(※ 寄付金合計額の限度は総所得の40%まで)
(※ 税額控除は所得税額の25%まで)

これだけ見ると、所得控除の方が控除額が大きくなるからお得にみえますよね。
でも、実際は税額控除の方が所得税の節税効果が高いんです(課税所得金額が4,000万円を超えると所得控除の方がお得になりますが、そんな人はなかなかいないでしょう…)。

なぜ、税額控除の方がお得になるのか?
結論から言うと、控除のタイミングが違うからです。

所得控除は、所得から課税所得を算出する際に寄付金分が引かれますが、税額控除は最終的に計算した税金から寄付金分が差し引かれます。

いくら税金が安くなるの?

それでは、実際どのくらい税金が安くなるのでしょうか。
『年収300万円の人が1万円を日本ユニセフ協会に寄付した』という仮定で、所得控除、税額控除それぞれの場合を見てみましょう(所得税率は5%としています)。

【所得控除を使った場合】
1万円ー2,000円=8,000円(所得控除額)
この8,000円が課税所得から引かれるため、実際に安くなる税金の額は…
8,000×5%=400円

【税額控除を使った場合】
(1万円ー2,000円)×40%=3,200円(税額控除額)
この3,200円が本来納めるべき所得税から直接引かれます。

400円と3,200円なので、圧倒的に税額控除を使った方がお得になりますね。

手続きには確定申告が必要

ふるさと納税のワンストップ特例申請を利用する場合を除いて、寄付金の控除制度を利用するためには確定申告が必要になります。

確定申告の際には、寄付の際に受け取った『領収書』、税額控除に係る証明書(税額控除を利用する場合)などを提出する必要があります。
寄付をした年の翌年の1月ごろまでには手元に届くと思いますので、無くさないように保管しておきましょう。

また、会社員で確定申告をやったことがないよ…という方は国税庁ホームページにある確定申告書等作成コーナーを利用してみてください。
簡単に申告書が作成できますよ。

寄付をして、困っている人たちや社会に貢献しつつ、上手に節税もしちゃいましょう。

コメント