【要約・レビュー】『投資の大原則』は長期投資の教科書

資産運用

こんにちは!

8my(@8my__)です

『投資の大原則』を読み終わりました

本書には、長期インデックス投資の要点がまとめられています

専門用語も少なで、「投資をはじめてみよう!」という初心者でも読みやすく、ベテランにとっても長期投資の要点を再確認できる良書だと思います

スポンサーリンク

『投資の大原則』の要約

僕がこの本を読んで重要だと感じたポイントは以下の5つ

本の帯に書いてあることですが、まさにこれらが長期投資を行う上で大切なことだと思います

『投資の大原則』本の帯

それぞれサクッと見ていきましょう!

若いうちから貯蓄を始め続けること

▼ 貯蓄のメリット

  • 投資のタネ銭になる
    →暴落時に安値で優良銘柄を買える可能性もある
  • 大きな病気やケガ、リストラなどのリスクに備えられる
    →精神的に安定する

お金がないと投資できないですからね

節約して、貯金することは投資を始める第一歩です

社会や国の制度を有効に活用すること

▼ 投資の利益が非課税となるお得な制度(例)

  • 積立NISA
  • iDeCo

これらを活用すると、投資の利益にかかる税金が0%になります(通常は、利益に20%の税金がかる)

NISA?iDeCo?なにそれ?と意外と知らない人も多いですよね。もったいない!

そして、そもそも投資の利益にかかる税金は一律約20%と安い

給与所得では、所得が増えれば税率も高くなりますから、投資で所得を増やしていった方が効率が良いのは明らかですね

インデックスファンドで分散投資

インデックスファンドは、市場平均に連動するような投資信託のこと

この市場平均というのがもの凄く優秀

実は、多くのプロの投資家が市場平均に勝てていません

ウォーレン・バフェットのように、平均より大きく勝っている人も数人はいるでしょうが、そういう人を見つけるのは至難の業です

そして、そういう人がこれからも勝ち続けるという保障もありません

そこで、大勝は目指さずに小さく勝つことを目的として市場平均に投資するわけです

これだけで、市場に参加しているプロの大半よりも良いリターンを得ることができます

また、インデックスファンドはコスト(信託報酬)が低いことも大きなメリット

アクティブファンドはプロがあれこれ考えて運用するので大きく信託報酬がかかります

信託報酬はずっとかかってくるランニングコストなので、できるだけ低く抑えた方が◎

積み重なると馬鹿になりません

運用成績がいまいちで、コストもかかるのであればアクティブファンドを選択する理由は無いですね

年に1度、資産配分を見直す

いわゆるリバランス

自分が決めた資産配分になるように年に1度見直します

▼ 株50%、現金50%が目標資産配分の場合

  • 【株価急落時】株20%、現金80%となった場合
    → 株50%、現金50%となるように株を買い増す
  • 【株価高騰時】株80%、現金20%となった場合
    → 株を売って現金の割合を高める

定期的にリバランスを行うことで、

  • 株が安い時には株を買う
  • 株が高い時には株を売り現金を増やす

というリターンを高める行動が自然にできるようになります

自分の決めた投資方法を守り、市場の動きは気にしない

市場がどう動くかは誰も予想できません

プロが予想するよりも、チンパンジーがダーツで決めた方が当たると言われるぐらい分からないものです

なので、頑張って予想して投資しても痛い目を見かねません

そこで、一番おすすめの方法がドルコスト平均法

毎月少しずつ一定額を購入していきます

すると、安い時には多く買い、高い時には少なく買うという上手な投資が何も考えることなくできます

暴落時には慌てて売ったり、慌てて買い増したりする人が多いですが、こういう場合でも自分が決めたルールを守って、淡々と機械的に投資をすることが大切です

このことが結果的に投資リターンを高めます

大底なんて誰にもわかりませんし、ただの押し目の可能性もありますからね

まとめ

以上、まとめると

ドルコスト平均法によるインデックス投資は最強だから、NISAやiDeCoを使って早く始めた方がいいよ

ってことですね

 

『投資の大原則』はインデックス投資のバイブルだと思います

僕もインデックス投資を始めて6年以上経ちますが、初心を忘れないために何度も読み返しています

より詳しく内容を知りたい!という方は、手に取ってみてはいかかでしょうか?

 

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント