子供を楽天会員に登録したよ。yahooメールは使えないので注意。

子育て関係

先日、生まれたばかりの子供(0歳児)の楽天会員登録が無事に終わりました。
少しでも早くから楽天経済圏の恩恵を受けようと思いましてね。

すでに並行して子供名義の楽天銀行口座、楽天証券口座の開設(未成年口座の開設)も進めています。
楽天銀行や楽天証券で口座を開設する際にも、すでに楽天の会員登録を済ませているとスムーズに手続きができるので、まずは会員登録を済ませておくのが良いと思います。
会員登録は手続きも簡単ですしね。

楽天会員登録に必要な情報

さて、楽天会員登録をする際に入力が必要な情報は以下のとおりです。

  • メールアドレス
  • ユーザID
  • パスワード
  • 氏名

子供を会員登録する際に問題になるのが、やはりメールアドレスです。
子供はメールアドレスを持っていないですからね(当たり前)。

他の会員が登録済みのメールアドレスは使用できないので、親が持っている他のアドレスを使ってもいいですが…
やはり子供のメールは子供のアドレスにまとめておきたいですよね。ごちゃごちゃしますし。

子供のYahooメールアドレス取得について

そこで、子供用にフリーメールのアドレスを取得することにしました。
まず試したのがYahooメール。
でも、結論からいうと子供のアドレス取得はできませんでした。

子供のYahooIDが取得できなかったんですよ…
ID登録の際に何度入力しても、生年月日の所にエラーが出る…
これはおかしいぞ。と思いYahooに問い合わせてみたところ以下のように回答がありました。

このたびは、Yahoo! JAPAN ID(以下、Y!IDと表記)の登録を
ご検討くださいまして、ありがとうございます。

すでにお手続きいただいておりますように、Y!ID登録時に一定の
年齢に満たない生年月日を入力されますと、エラーが表示されます。

Y!IDは、ご利用いただく方ご自身で登録いただくよう、利用規約にて
お願いしております。

そのため、お子様がご自身でY!ID登録が可能な年齢となりましたら、
再度Y!IDの登録をお試しいただけますと幸いです。

なお、登録ができる年齢に関しましては、恐れ入りますが、ご案内しておりません。

ご案内可能な情報に限りがございますことを、何卒ご了承くださいますよう
お願いいたします。

一定の年齢にならないとそもそもYahooに登録できないんだね。
知らなかったわ…
うちの子供は0歳なのでYahooに登録するのは諦めました。

子供のGmailアドレス取得について


次に試したのがGmailです。
GmailはGoogleアカウントを作成することで、同時にアドレスも作成されます。

入力が必要な項目は姓名、ユーザー名、パスワード、電話番号、生年月日、性別です。
電話番号は本人であることを確認するためのものなので8myは自分の番号を入力しました(確認コードが送られてきます)。
Gmailではyahooのように年齢制限もないので、無事に子供のアドレスを取得することができましたよ!

まとめ

Gmailアドレスを取得したことによって、子供の楽天会員への登録も無事に終わりました。
Yahooでは一定年齢以上にならないとYahooIDが取得できないので、Yahooメールアドレスも取得できませんでした。

コメント