【評価】イオン(トップバリュ)の安いレトルトカレーはまずい?2種類食べてみたよ。

節約

こんにちは!

8my(@8my__)です

今回の記事では、イオンのプライベートブランド『トップバリュ』の激安レトルトカレーを2種類食べてみたのでレビューするよ

 

スポンサーリンク

カレー中辛 200g

原材料名

野菜(じゃがいも、にんじん)、ローストオニオン、小麦粉、ラード、砂糖、トマトペースト、食塩、カレー粉、チャツネ(りんごを含む)、ビーフエキス、たん白加水分解物(大豆・ゼラチンを含む)、コリアンダー、クミン、ガラムマサラ/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸味料

栄養成分:1食(200g)当たり 

エネルギー144kcal、たんぱく質4.2g、脂質6.0g、炭水化物19.4g、糖質17.0g、食物繊維2.4g、食塩相当量3.3g、リン44mg、カリウム190mg

 

お値段はなんと、驚きの税込み58円

スーパーに売っている安いジュースレベルの価格です

調理方法は湯煎で3~5分か、レンジで2分チンするだけでOK

 

▼ 湯煎してご飯にかけてみたよ

味はTHE・レトルトカレーって感じです

辛さもちょうどいい

 

▼ 具材は小さなニンジンとジャガイモが入っていました

商品のパッケージには「じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、野菜のうまみが溶け込んだカレーです」と書いてありますが、玉ねぎは見当たりませんでした

まぁ、ルーに溶けてしまって見えないんでしょう(そういうことにしておこう)

 

ビーフと野菜のスパイス香るビーフカレー 200g

原材料名

野菜(じゃがいも、にんじん、しょうが、にんにく)、小麦粉、ローストオニオン、牛肉、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、トマトペースト、ビーフオイル、カレー粉、食塩、ビーフエキス、ウスターソース(りんご・大豆を含む)、カレールウ(小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)、みそ(大豆を含む)、オニオンエキス、シーズニングペースト、酵母パウダー、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香辛料抽出物、香料(小麦・大豆・りんごを含む)、酸味料

栄養成分:1食(200g)当たり

エネルギー165kcal、たんぱく質5.2g、脂質6.4g、炭水化物 糖質20.2g、食物繊維3.0g、ナトリウム1.4g、食塩相当量3.5g、リン60mg、カリウム240mg

 

こちらは、お値段が少し上がります

税込み84円

牛肉が入ってますからね。そりゃ高いよ

商品パッケージも『カレー中辛 200g』より高級感が漂っています

こちらも調理方法は3~5分か、レンジで2分チンするだけでOK

 

▼ 湯煎してご飯にかけてみました

見た目は『カレー中辛 200g』より少し濃い色をしています

でも、味は…変わりませんでしたね

こちらも普通のTHE・レトルトカレー

辛さはちょうど良かったです

 

▼ 具材を確認

ニンジンとジャガイモ

大きさも『カレー中辛 200g』と変わらないです

 

▼ そして、お待ちかねビーフです!

使っているスプーンが大きいわけではありません

牛肉が小さいんです(探すのが大変でした)

パケ写では野菜と同じぐらいの大きさなんだけどなぁ

まぁ、牛肉を大きくし過ぎたら採算があわなくなるんでしょうね

 

さいごに

どちらも、味は普通のTHE・レトルトカレーです

別にまずくはないです(すごくおいしい!というわけでもないけど)

ビーフカレーの方は小さなビーフが少し入っている分、26円ほど高いですが…

あの肉の大きさを考えると、自分は『カレー中辛 200g』で十分かなと思いました(肉以外に違いもないしね)

さいごまで読んでいただき、ありがとうございました!

▼お小遣いを稼ぎたい人、必見!

コメント