読書関係

資産運用関係

『投資の大原則』は長期投資の教科書【書評】

8my(@8my__)です。 投資の大原則(著:バートン・マルキール、チャールズ・エリス)を読み終わりました。総ページ数は200ページほど。非常に読みやすく、8myでも3時間程度で読み終わりましたよ。 長期インデックス投資を行う上での要点...
仕事関係

労働所得を稼ぐ人ほど自由な時間が無いと感じる

お金をたくさん稼いでいる人達の休日をイメージしてみてください... 別荘に行って、大自然の中で優雅においしい食事を食べて、薪ストーブの前で読書。もちろん、家事はお手伝いさんがやってくれるから自分がする必要は一切ない。自分の好きなことをじっ...
節約

豊富にありすぎるから幸福度が下がる

今の世の中は非常に便利になり、必要なものがすぐに何でもでも手に入ります。百貨店に行けば生活に必要なものは揃っていますし、水道の蛇口をひねれば当たり前のように水が出ます。見たいもの、知りたいこともネットですぐに検索することができますし、自分...
読書関係

お金は人を孤独にする【幸せをお金で買う 5つの授業】

「幸せをお金で買う」5つの授業(著者:エリザベス・ダン、マイケル・ノートン)を読み始めました。 数々の論文や研究から科学的に『お金』と『幸福』の関係を分析し、どのようにお金を使えば1番幸せになるかを考察しています。研究や論文といったら小難...
子育て関係

育休中には本をとことん読もうかな

どもども。もうすぐ6か月の育休に入る8myです。180日連休ですよ!しかも、育児休業給付がハロワから出ますし、社会保険料は免除。8myの計算では、毎月の給与の手取りの90%ぐらいが働かずに入ってくるだろうと考えています。 なかなか無いです...
資産運用関係

複利はお金以外にも働く

現在、読み進めている『スノーボール下 ウォーレンバフェット伝』もついに終盤にさしかかってきました。 この度は、バフェットの資産形成・複利の例えとして有名な『スノーボール』には別の意味もあると書いてあったので紹介します。 ちょうどいい具合...
仕事関係

バフェットに「どういうところで働けばいいか」きいた結果

仕事は人生の中で占める割合が大きいです。こんな条件の良い会社は滅多にないと思いますが、残業無し、通勤時間0分と仮定します。これで1日8時間労働で週5日間働いたとすると...年間で2,000時間ぐらいは仕事に費やします。 365日×24時間...
自分のこと

好きなことに『集中』するということ

現在、スノーボール(下)(著:アリス・シュローダー)を読み進めています。今は下巻を100ページ読んだところです。 今年のゴールデンウィーク前に上・中・下をまとめて3冊購入しました。当初の予定では「ゴールデンウィーク中に3冊読み切るぞ!」な...
自分のこと

5年前よりは確実に少しずつ成長している。

5年前に初めて株式投資をした時は『なじみのある会社だから』という理由だけで購入していました。もちろん、ファンダメンタルもテクニカルも一切見ていません(ていうか見方が全く分かっていませんでした)。四季報を見てもなんだか難しそうな言葉が並んで...
自分のこと

自分にとっていちばん大事な顧客は誰だろう

現在読んでいる本、スノーボール(上)(著者:アリスシュローダー)より、バフェットの盟友『チャーリー・マンガー』が若い時の様子を紹介します。チャーリー・マンガーは現在では、バフェットが会長を務めるバークシャー・ハザウェイの副会長兼、投資家で...