高額療養費制度と民間の医療保険は併用可能!

節約

現在、8myの家族が2週間ほど入院しています。
入院すれば何かあってもすぐ対応してもらえるので、通院より安心です。
しかし、入院費用は高い…
治療費に加えてベッド代や食事代もかかってきます。

そんな時に役に立つのが『高額療養費制度』です。
1ヵ月間に支払った医療費の自己負担分が大きくなった場合、収入に応じて自己負担限度額を超える分が払戻されます。
保険適用外の先進医療、ベッド代、食事代は対象にならないところが少し残念ですが…
それでも、高額な入院費用の負担が減るので助かります。
高額療養費制度については詳しく知りたい方はこちらをどうぞ→全国健康保険協会ホームページ

また、医療費を支払う前に『限度額適用認定証』を協会けんぽに申請し、これを医療機関に提出すれば、限度額までしか支払う必要がなくなります。

高額療養費制度:全額払う→その後払い戻し
限度額適用認定証を提出した場合:限度額まで支払えばOK=全額支払う必要なし

8myも先日、限度額適用認定証の申請をしておきました。

そしてね。これ知らなかったんですけど…
高額療養費制度と民間の医療保険って併用可能なんですって。
協会けんぽの人に聞いて知りました。

医療費控除と同じイメージだったので、補助制度や保険で補填された金額は差し引く必要があるのかな??って思ってたんですが…なんと必要なし。

なかなか太っ腹な制度やね。

8my家では、この度『高額療養費』と『民間の医療保険』を併用することで入院費を支払ってもお金が少し余りそうです。(俺の財布には入るわけじゃないけど)
いや~マジで助かります。

日ごろの備えは重要ですね。
医療保険がなければ、8my家は10万円ぐらいの負担を強いられるところでした。
そして、高額療養費制度など社会保険制度も知っておくことが大切。
これからも勉強して賢くお金を守りたいものです。

コメント