育休でボーナス減額。会社からは『最低評価』。

仕事のこと

どうも8my(@8my__)です。

今年の冬のボーナスは大企業で平均96万4543円だったみたいですね。
ど田舎の中小企業に勤務している8myからしたら目がくらみそうな金額です 笑 

ちなみに、8myの今年の冬のボーナスは10万円でした。
現在、育休中で出勤していないにも関わらず奇跡的にボーナスがでましたよ。

育休でボーナス減額が話題に

育休中のボーナスについては、Twitterで話題になっていました。

Twitterで「男性の育児休業」をめぐる投稿が物議を醸した。投稿主は今年7月に出産し育児休業中だという女性で、約2カ月間の育休を取得した夫のボーナス査定が<最低評価>になってしまったという内容だった。

 このような仕打ちがあるから男性の育休取得が進まないのではないか、という投稿主の憤りは、賛否両論を呼び大きな反響となっている。

(中略)

育休を取得することがその後の昇進や昇給にネガティブな影響を及ぼすようなハラスメントはあってはならないが、「そんな理不尽な仕打ちは決してしない」と断言できる職場がどれだけあるだろうか。
出典:Infoseek

法律的には、育休を取得したことを直接の理由としてボーナスを減額することは認められないですが、『賞与は出勤率も考慮する』というような定めが規定にあれば可能のようです。

賛否両論あると思いますが、8myは「ボーナスを減らされるのは悲しいのはよくわかる!でも、まぁしょうがないんじゃないの?」って思いますけどね。

最低評価は嬉しい

ボーナスカットは悲しいですが、8myからしたら職場からの評価が『最低評価』になることは嬉しいです。
育休を取得して、その後の昇進や昇給が遅くなるのであればさらに嬉しい。

だって、『昇進や昇給=責任が重くなる』わけですから。
長期間休んで子供の面倒を見れて、責任が重くなるスピードが遅くなるなら最高じゃないですか?

会社から、「こいつは最低評価だから…」と思われれば普段の業務量も減るかもしれませんし、自分が感じるプレッシャーも軽くなると思います。
だって、評価が『最も低い』ので。これ以上下がることはありません。

最低評価だからもっと頑張らなくちゃ!って思う人が多いんでしょうが、「最低評価なんだから仕事ができなくて当たり前だろ?」って8myなら開き直りますけどね。

会社だけに頼ると苦しい

男性の育休取得率はいまだに一桁です。

育休を取りにくい雰囲気の会社が多いのが現状だと思います。
ボーナスが減らされるから不安、会社からの評価が下がる、上司や同僚の目が気になるなどを理由に育休取得を言い出せないんでしょう。

これって収入を会社のみに頼っているせいだと思うんです。
会社から見放されたら超困るから、会社中心で物事を考えないといけなくなる。

株や不動産などで複数の収入源を確保しておけば、「別に会社のことはどうでもいい」って考えにある程度なると思います。
他の所得もあれば、給与所得はそんなに高額でなくても生活がまわるようになりますし、リストラされたら失業保険をもらって、その後転職しちゃえばいいだけなんでね。

コメント