田舎暮らしでは、近所の手伝いもよくあること

8myの日常

8myはど田舎に住んでいます。
裏山では、イノシシや熊が闊歩しているようなところです。

若い人は、どんどん出て行ってしまうので、過疎化も深刻。
周りは老人がめちゃ多い。
8myの父親でも、村の中ではまだ若い方ですからね。

そんなど田舎に住んでいる8myですが、ご近所さんの手伝いをすることがよくあります。
この前の日曜日も手伝いをしてきました。

「高齢の自分だけでは運べない重たい荷物があるから、手伝ってほしい」と近所のおじいちゃんに言われましてね。
このおじいさんの子供も、みんな都会に出てしまっているので、老夫婦で二人暮らしをしています。

今回の手伝いは、意外と大変でした。
重い荷物を運ぶ…荷物は1つ2つかな~?なんて考えていましたが、めっちゃありました 笑
結局、2時間ぐらい作業をしてようやく運び終わりましたね。
こりゃ、おじいさんには無理だわ。
俺でも結構きつかったぞ。

うちの辺りでは、困ったときはお互い様で、こうやって手伝いをするんですよ。
都会の人であれば、自分ができないこと、困ったことがあれば業者に依頼することが普通だと思いますが、田舎ではちょっと違う。

○○さんのところは、電気工事の会社に勤めているからエアコンを少し見てもらおうとか
△△さんのところは、造園してるから、邪魔な木を伐ってもらおうとかね。

業者に電話をするんじゃなくて、ご近所さんに電話をします。
都会では、近所の人に迷惑をかけるからやめとこう。とか、そもそも隣に住んでいる人の事が良く分からない。なんてこともあるんじゃないでしょうか。
ど田舎は全然違います。特に老人は凄い。ズカズカ電話してくるからな 笑

そして今回は、8myのところに電話がかかってきました。
ぶっちゃけ、面倒くさいか?と聞かれれば、面倒くさいですよ 笑
貴重な休みの日に、手伝わないといけないですし、もちろんお金なんてもらえませんから。
でも、そこは割り切って手伝う。
うちが手伝ってもらうこともありますしね。

作業が終わると…
「いや~、8my君助かったよ」
こう言われると、やっぱり嬉しい。
お礼にとビールをもらって帰りました。
時給換算すると、全然割に合っていませんが、まぁそれはご愛敬ということで。

こういう手伝いは、面倒くさいですが、やったらやったで達成感もあるし、感謝もされて嬉しいんですよね~。
8myは面倒な人付き合いは、全力で避けるような性格ですが、村での手伝いは意外と悪くないと思っています。

コメント