楽天経済圏をフル活用して子供の資産形成をする

子育て関係

8my家では、出産祝いや児童手当はすべて子供の将来のためにとっておくことにしています。
子供を楽天会員に登録して楽天銀行、楽天証券の口座を8myが開設しました。
楽天経済圏を上手に活用して、少しずつでも増やしていこうと考えています。
関連記事その1→ 子供を楽天会員に登録したよ。 
関連記事その2→ 未成年口座でもハッピープログラムは利用できるの?

子供がお金について分かるまでは、お年玉も子供の将来のためにとっておこうかな。

楽天証券ではジュニアNISA口座も開設しました。
特定口座と比べたら、ジュニアNISA口座にしない理由がなかったので開設。
2023年までなので少しの期間ですが、ちょっとでも非課税の恩恵を受けようと思いましてね。
関連記事その3→ ジュニアNISA口座のメリット、デメリットとは?

この子供の口座は、子供がもう少し大きくなったら金融教育にも使う予定にしています。
実際に子供と一緒に金融商品を購入してみるのもいいかもしれませんね。
お金のことは将来ついてまわるとても大切なことなので、早い段階から教えていこうと思います。

さて、子供が生まれてから次々もらっていた出産祝いラッシュもついに終わったようでして…
内祝いにかかったお金を引いた分を子供の楽天銀行、楽天証券の口座に早速いれておきましたよ。

ちなみに、残ったお金は244,000円でした。

0歳児にして20万円オーバーはなかなかお金持ちですね。

この残金のうち3万円は楽天証券のジュニアNISA口座に移動。
子供の楽天銀行口座から未成年総合口座にリアルタイム入金をして…
未成年総合口座からジュニアNISA口座にさらに移動。

このお金で毎月15日に7,500円ずつeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を積み上げていこうと思います。
楽天VTIと迷いましたが…
積立投信を利用する目的が子供の教育資金の確保ですので、ミドルリスクミドルリターンのものにしました。

残りの214,000円は子供名義の楽天銀行普通預金口座へ。
こちらはリスクなしで金利が0.02%ついていきます。
(これで、未成年口座でもマネーブリッジが利用でき、金利が0.1%だったら完璧だったんだが…まぁ使えないものはしょうがない)

預金残高が10万円をこえたのでハッピープログラムのステージも無事にアドバンストにランクアップ。
他行振込手数料は1回無料とATM手数料は5回無料となりました。
子供の口座なので資金の移動もほぼないため、これで十分ですね。

さらに、楽天証券へリアルタイム入金を行ったのでハッピープログラムで楽天スーパーポイントも付きました(1ポイントだけど)。
もちろん、子供の楽天アカウントに付与されました。

ちりも積もれば山となります。
こういうポイントも貯めていきまっせ。

楽天会員、楽天銀行、楽天証券…これらの楽天経済圏をフル活用して子供の資産形成を継続していきますよ。

コメント