戌の日の安産祈願に行ってきました。【帯祝いの内容】

家族のこと

今日は、朝から戌の日の安産祈願に行ってきました。
みなさんはご存知ですか?戌の日の安産祈願。帯祝いともいいますよね。

実は8my、こういう儀式みたいなことは、興味がないんでほとんどわかりません。
この度の戌の日も嫁の親に教わりつつ、行くことになった次第です。

スポンサーリンク

そもそも戌の日の安産祈願とは?

犬がたくさん子供を産むことにあやかって行う儀式。
まぁ、儀式と言っても、神社でお祓いしてもらうだけですけどね。
安定期に入った妊娠5か月目に行うのが一般的です。
8myも近くの安産祈願で有名な神社に行ってきました。

持ち物は?

持って行くものは、腹帯と初穂料だけ。
腹帯は嫁の実家が準備するのが一般的らしく、8myたちもそうしました。
嫁の母親が風呂敷にいい感じに包んでくれました。
初穂料は、御祈祷代。5,000円を包んで持っていきましたよ。

服装は普段着でいきました。
スーツの人も何人かいましたが、ほぼみんな普段着でしたね。
8myはチノパンにダッフルコートという恰好で行きました。
派手な格好じゃなければ、なんでもよさそうでした。

祈祷の流れ

神社に着くと、ものすごい数の人。
今日は、日曜日ということもあって駐車場もいっぱい。
県外ナンバーもチラホラありましたね。

まず初めに社務所で受付。
受付の際に、腹帯と初穂料を渡しました。

そして、神社の本殿で待つように言われ、本殿の中へ。
本殿には、ぞくぞくと参拝者が入ってきます。
お礼参りの方もおられたので、意外と小さい子供たちが多かったです。
自分の両親も一緒に来ている人もいましたね。

本殿で待つこと、なんと35分 笑
人が多かったせいで、始まるまでに時間がかかったみたいですが…
なんのアナウンスもなく、他の参拝者も「まだ始まらないの?」と少し不安な様子でした。

ようやく神主が入ってきて祈祷がスタート。
これといって変わったようなこともなく、神主さんが参拝者の名前を読み上げて、腹帯のお祓いしてくれました。
ぶっちゃけ、待った割には祈祷の時間が短すぎて…ありがたみがなかったな 笑
祈祷自体は、15分ぐらいで終わりました。

祈祷の後に、お祓いしてもらった腹帯や、安産祈願のお札、あと赤ちゃんが生まれた時に名前を書く紙をもらい(『命名、○○』って書いてあるやつです)、帰りました。

祈祷の後

8myたちは、祈祷の後に両家の親も参加して、少し良さそうなところでお食事会をしました。
別に、してもしなくてもいいみたいだけどね。
親も「せっかくだからしっよっか~」って感じだったので、やることに。

お食事会というか…8myたちのは飲み会だったな 笑
結構みんな飲んでました(妊娠している嫁はもちろん飲めないけどね)。
8myも瓶ビール2本以上は確実に飲んだ。
今、頭が痛い中ブログを書いています…マジでもうそろそろギブアップ…

帯祝いの一日はこんな感じでしたよ。
8myは、お酒の飲みすぎで頭が痛いので、早めに寝ますわ。


コメント