副課長「往復ビンタするよ?」

仕事関係

最近かなり転職について悩んでいる8my。
今の会社の居心地は、そんなに悪くはありません。
もちろん、はぁ?と思う所はあります。

まず、労働時間。
就業規則上の労働時間は6時間40分ですが、普段は、8時間30分働いているので、約2時間ほどのサービス残業があります。
タイムカードは、一応会社には置いてありますが、社長がタイムカード廃止令を出してからは置物になっているという悲しい現状。
これが、サービス残業の温床になっていると8myは考えています。

あと、無駄な会議。
生産性を上げるための会議(笑)や、技術研修会(笑)。
会議のせいで生産性が下がっているのがなんでわからないんでしょう?
何も決まらないし、勉強することもない。
ただ、会議をしたぞ!っていう経営陣の自己満足に付き合わされている感じ。
勤務時間内に会議をするなら、まだ分かりますが、サービス残業で会議をすることもあるので発狂しそうになります 笑
社員の時間をなんだと思ってるんだよ…

他にも、今の会社の嫌な点はありますが、大きいところではこの2点。

でも、良いところもある。
一番いいところは、人間関係でしょう。
副課長ぐらいまでには、下っ端でも冗談を言えます。
この前も、「副課長~仕事のやる気がありません~」って8myが言ったら(冗談として言いましたが、結構マジです)、副課長に笑いながら「往復ビンタするよ?」って言われました。
こうやって、ある程度年配の人にも冗談を言えるので、仕事もやりやすいです。
さすがに、社長にはこんな冗談は言えませんがね。

そして、5年間かけてつくった『8myは仕事できないイメージ』を経営陣がもっていることも良い点。
大きなミスをすれば、さすがに怒られますが、少々のミスであれば許してもらえます。
「また、8myか~しょうがないな~」ってな感じで。
なので、少しぐらいのミスは大丈夫。という感覚で仕事ができています。
普段の仕事のストレスは少なめで、8myが今の会社の気に入っている所です。こういうイメージをみんなに持ってもらえれば、仕事が集まって来づらくなるし、昇進も遅くなり、責任も伴わなくなりますから。

転職をすれば、人間関係を構築するところからのスタートになります。
そして、どんな人たちがいるのか、社風がどうなのかもわかりません。
冗談を言ったら、マジで往復ビンタをされる可能性だってある。

従業員数名の小さな会社だと、実際に働いてる社員に知り合いがいるわけでもなく、ネットに評判が載っているわけでもない。
面接時に社長から得られる情報のみを頼るしかない状況。
社長は嘘をつくような人ではないと思うが…
やっぱり、今の状態では情報が少なすぎて非常にリスキーなんだよなぁ。

コメント