児童手当の使い道。我が家は子供の将来のために投資信託で貯めておきます。

子育て関係

児童手当は中学修了までの子を育ててる親に支給される手当です。
0歳から支給されるので子供が生まれたら忘れずに手続きしましょう。
手続きが遅れると支給されない月が出てきます。

8myが住んでいる自治体では、赤ちゃんが生まれた次の日から数えて15日以内に手続きをしないと『初月分が振り込まれない』となっていました。
早めに手続きしてしまうのが良いですね。

児童手当の支給月額は以下のとおりです。
毎月支払われるわけではなく、2月、6月、10月に4か月分がまとめて振り込まれます。

3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 一律10,000円
(第3子以降は一律15,000円)
中学生 一律10,000円

ただし、所得制限が設けられており一定の収入額がある場合は、子供1人につき月額5,000円となります。
まぁ、手当を受け取る人の年収が800万円以上だと扶養親族の人数によってひっかかる可能性がありますが、8myには縁遠い事なので割愛します。

夫婦で合算した年収ではなくて、『手当を受け取る人』つまり個人の年収ですからね。
なかなかいないよな~そんな高給取り。
特に8myが住んでいるようなど田舎ではね。

さて、それぞれの家庭で迷うのがこの児童手当の使い道だと思います。
今の生活費や教育費に遣うか、子供の将来のためにとっておくか…
ちなみに、厚生労働省が行った児童手当の使い道の調査結果は以下のようになっています。

※ 厚生労働省HPより引用

『大人のおこづかいや遊興費』に遣っている人もいるんですね(唖然)
 まぁ、人それぞれですのでノーコメントにしておきます。

ちなみに、児童手当を全く使わずに貯めておくと…200万円前後のお金になります。
文部科学省の平成24年度子供の学習費調査によると、高校卒業までにかかる学習費用はすべて公立の場合で500万円、すべて私立だと1,300万円かかっているようです。
大学まで行かせようと思うと、国公立でも500万円ぐらいは追加でかかってきます。

このことを考えると早めに手を打っておくべきですよね。
お金が足りなくて奨学金を借りてしまい、社会人になってから長年返済に苦労する人たちもたくさんいるみたいですし。

8my家では、児童手当を原資に毎月1万円ずつ投資信託を子供名義の口座に積み立てていこうと考えています。
今考えているのは『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』。
手数料が安いですし、投資先が分散されているのでリスクを抑えつつ資産の増加を狙えそうなので。
先進国株式投信でもいいかなと思ったんですが、あくまで教育資金として貯めようと思っているので、大きく元本割れすることだけは避けたい…ということで辞めました。
また、積立後に余ったお金は定期預金かそのまま普通預金で保有しておこうと思います。

とりあえず、口座開設をやってしまわないとな。
口座は未成年でも開設できる楽天銀行・楽天証券にする予定ですよ。

コメント