個人請負のメリットデメリットを簡単にまとめてみた

仕事関係

どもども。最近、転職でいろいろと悩んでいる8myです。
この度は、『個人請負』という働き方について調べてみました。
実は、転職のオファーを受けている会社から「こういう働き方もあるよ」と面接の際に紹介されたんですよ。
その時に聞いた印象だと、良さそうだったのですが…
調べてみると、メリットもあれば、やはりデメリットもある。
やっぱり、おいしい話なんてのは無いね。

個人請負とは?

そもそも『請負』とは、『この仕事を完成させたら、これだけの報酬を払うよ!』という契約。
個人請負は、この契約を個人で結びます。
なので、受注した個人の立場としては、発注側の会社員ではなく、『個人事業主』となります。

メリット

<圧倒的な自由>
働く時間は自由。
今日は寝坊しちゃったから、10時から働くか~♪、急な用事が入ったから今日は休もう!なんてことも可能。
労働時間は、自分で決められます。

嫌な上司から、ガミガミ言われることもないです。
サボっていても、失敗しても怒られない。
なにしろ、1人で仕事をしているわけですからね。

<仕事をすればするほど報酬が増える>
発注者側から与えられた仕事を完成させれば、させるほど報酬が増えます。
特定の分野で技術力が高い人には、自分の『得意なことだけ』で効率よく稼ぐこともできます。

メリットだけを見ると、自分の裁量で仕事ができて本当に自由だなぁという印象を受けます。
この自由に惹かれて、個人請負で仕事をする若い人も増えているみたいです。

デメリット

しかし、メリットだけを見て、「お、個人請負って自由でいいじゃ~ん」と考えると危険。
もしデメリットがなければ、正社員なんて辞めてみんなが個人請負をやりますよね 笑

<健康保険、厚生年金、雇用保険に加入することができない>
『個人事業主』として仕事をすることになるので、
病気で休んでも傷病手当はもらえませんし、仕事がなくなっても失業保険をもらえません。
病気になっても、失業しても、すべて自己責任です。
国民健康保険、国民年金には加入できますが、もちろん保険料は報酬から全額自己負担で支払う必要があります。

<確定申告を自分でする必要がある>
会社員の場合は、年末調整という形で会社が所得税の申告をしてくれますが、これもすべて自分で行わなければなりません。
税理士に任せることもできますが、もちろんお金がかかります。

<営業が必須>
請け負う仕事は自分でとってこないといけません。
会社員では、与えられた一部の仕事を淡々とこなしていればそれでOKでしたが、請負では違います。
必死で営業活動をして仕事をとってこないといけません。
『仕事がない=お金が入ってこない』からね。
どこかの会社の下請けで入って、常に仕事をもらうこともできるでしょうが…
正社員と違って、請負契約は簡単に解除できるので、契約を切られると無職になっちゃいますから(そして失業保険ももらえません)1社に頼るのは非常にリスキーだと思います。

<完成させないと報酬がもらえない>
完成させたら、報酬を支払うよ!という契約なので当たり前です。
自分が仕事をサボったり、完成できなければ報酬はありません。
つまり…完成できなければず~っと仕事をすることになる可能性もある。
個人事業主として仕事をしているので、労働基準法も適用されません。
終業時間?なにそれ?って感覚でしょう。

まとめ

個人請負は、一見するとかなり自由に働けるように見えます。
しかし、上記のようなデメリットもある。
安価で利用しやすい労働力として、個人請負として契約をさせるブラック企業もあるみたいだし…
契約をする時はよく考えないといけませんね。

コメント