俺がFXの短期トレードを止めることにした理由

FX

どうも8my(@8my__)です。

この度、1年半取り組んできたFXの短期トレードに見切りをつけることにしました。

今回の記事では、いままでの損益と止める理由を紹介しようと思います。

どのようにFXの短期トレードに取り組んできたか

概要は以下のとおりです。

トレードスタイル日足でのスイングトレード

取引単位1,000通貨~4,000通貨

対象通貨ドル円、ユーロドル、ユーロ円

取引ツール
MT4(OANDA Japan)

手法
順張り

勉強法
本、ネット

8myは会社員で普段は仕事もしているため、トレードスタイルはまったりとスイング。
数日から長い時は数週間ポジションを持ったままのこともありました。

取引単位は1,000通貨~4,000通貨。
短期トレードがシビアだということは分かっていたので、感情に影響がでない程度に抑えていました。

手法は順張り。
トレンドに乗っかるだけ。
サポート、レジスタンスラインを基準に損切ラインをエントリーごとに必ず設定。
フィードバックしてトレードを改善するためにトレード日誌もつけていました。

勉強のために用いた本は以下の3冊です。
ネットも勉強や情報収集のために利用しました。

・10万円から始める超FX入門(著:ダイヤモンド・ザイ編集部)

・FXチャートリーディングマスターブック(著:井上 義教)

・デイトレード(著:オリバー・ベレス、グレッグ・カプラ)

FXの損益

2018年、2019年の損益は以下のとおりです。
グラフの横軸は取引回数、縦軸は損益です。
2018年の損益:+535円
2018年はビギナーズラックで、利益が一時6,500円に達しました。
しかし、その後はズルズルと損失を重ねて結局、通算損益は+535円になりました。
 
2019年の損益:-9,312円
2019年は、途中までは勝ったり負けたりを繰り返し、損益はトントンでした。
しかし、ここ数か月は全然ダメ。
ついに損失がー9,312円まで膨らんでしましました。

FXを止めることにした理由

FXを止めることにした理由は2つあります。

1つ目は精神的にキツイこと。

トレードは感情を無にして機械的にトレードすることが大切だというのは分かっています。

でも、さすがにここまで損失が膨らんでしまうと次のトレードも冷静にできるか?と考えた時に疑問符がつきます。
どうしても、「ちょっとでも取り返そう!」と考えてしまっている自分がいます。

こんな状態でトレードしても、負けが膨らむ一方で泥沼からさらに抜け出せなくなるかもしれない…と考え、止めることにしました。

2つ目の理由は、為替市場もランダムウォークなのでは?と思ったため。

以下のチャートを見てください。

出典:ウォール街のランダムウォーカー(バートン・マルキール)


これは何のチャートだと思いますか?
為替でしょうか?個別株でしょうか?

実はこれ、コインを投げて作ったチャートなのです。
コインを投げて作ったチャートでも、トレンドやレンジ、そしてヘッドアンドショルダーやダブルボトムまでも作ってしまうのです。

そう考えると、ラインやRSI、MACD、MAなど様々なテクニカル指標を用いて分析する意味はあるのか?…と疑問に思ったからです。

ラインや指標は機能する時としない時がある。
ということは結局ランダムなのでは…?

さいごに

勝つためには何度もトライ&エラーをして手法と自分の感情を修正する必要があるんでしょう。

8myは1年半という短い期間しか取り組んでいませんし、専業でもありませんでした。
なので、努力の量が全然足りてないと思います。

しかし、短期トレードは取引回数も多く、これ以上ミスターマーケットと付き合っていても精神的に疲れてしまいそうなので、スパッと損切して早めに止めることにしました。

テクニカル分析やバンドワゴン効果について学べたということを考えれば、FXでの短期トレードは良い経験になったと思います。

コメント