人生の最期に一番後悔することとは?後悔しないためには?

健康

どうも8my(@8my__)です。

誰もが後悔はするものですが、避けられるなら避けたいですよね。
普段する小さい後悔であれば、そこから学ぶこともあるのでしてもいいと思います。

しかし、人生の後悔となると話はかわります。
反省して次に生かすこともできませんしなるべく避けたいものです。
しかも多くの人が同じことを人生で後悔しているとなれば…知りたいですよね。
自分にも当てはまる可能性が高いです。

この記事では、多くの人が人生の後悔として挙げることと、後悔しないためにはどうすればいいかを紹介します。

最期にもっとも後悔することとは?

人生の最期に一番後悔することオーストラリアの病院で看護師をしていたブロニー・ウェアが、死を迎える患者たちが後悔していることを聞き、記録し続けたそうです。
その結果、もっとも多かった答えは「他人の期待に合わせるのではなく、自分に正直に生きる勇気がほしかった」というものでした。

思い返してみると人の期待に合わせることは多いのではないでしょうか。
親の期待に応えるために自分の夢を捨てて受験勉強をする、友達に誘われて行きたくもない飲み会に行く、仕事でみんなにあわせてサービス残業をするなどなど…
大なり小なり、他人の期待に応えようとして我慢をしていることがあると思います。
特に日本人は、人との和を大切にする人が多いのできっぱりと断る人は少ないですよね。

なぜそれが問題なのか?

他人の期待に合わせるようなことばかりしていると自分の時間を失うことになります。
他人に時間を奪われてしまい、自分の人生にも関わらず好きなことができなくなってしまうのです。

他人は価値観や仕事をどんどん押し付けて、自分の時間を奪っていきます。
気合や努力で全部処理しようとしても、そもそも好きな事でもないので自分が苦しいだけ。

最悪の場合、他人から押し付けられたことばかりが自分の人生を占めるようになり、混乱して自分を見失ってしまいます。
こうなってしまうと、誰の人生だかわかりません。

 

後悔しないためにどうするか?

後悔しないためには断るしかありません。
自分が好きだと思わないこと、自分にとって重要でないことはすべて断る。

「相手からの評価が下がるのではないか?関係が崩れるのではないか?」と心配に思うかもしれませんが、それしか方法はありません。
他人の言うとおりにして自分の時間を他の人のために使うか、断って自分の時間を確保するか。
時間は有限なのでどちらかを切り捨てる必要があります。

他人からの評価は意外と下がらないものですし、関係も崩れません(そもそも、他人からの評価なんてどうでもいいですし、その程度で崩れる関係なら切ってしまっていいですが)。
断ることによって、「自分の時間を大切なものにしか使わない」「安請け合いしない」ということで逆に尊敬されることだってあります。
人それぞれなので相手がどう思うかは分かりませんが、少なくとも断ることで自分の好きなことをする時間が確保され、余裕ができることは確かです。

コメント