トイレでスマホをいじる悪い習慣を辞める方法!?

時間の活用

どうも8my(@8my__)です。

自分には悪い癖があります。
トイレで用を足す際に、便座に座ったままスマホをいじっちゃうんですよね。

スマホをいじって何をしているかというと、ネットニュースを見たり、2chを見たりと本当にどうでもいいことをしています 笑
しかも、無駄にネットサーフィンをしてしまうと10分~15分ぐらいはずっと便座の上…
これ…良くないですよね。

まず、衛生的に良くない。
トイレには細菌がいっぱいです。
スマホをトイレの中で使った後、手は洗いますが…
スマホの消毒をする人は…ほぼいないですよね。

そして、時間がもったいない。
1日3回トイレに行くとして、下手すると30分ぐらいトイレの中で無駄に過ごしていることになります。

そこで、トイレでスマホをいじってしまう悪い習慣を断ち切るための方法を8myになりに試行錯誤して考えてみました。

トリガーの特定

習慣には、その行動を引き起こす原因になっているもの(トリガー)があります。

例えば、起床してすぐに布団の中でスマホをかまってしまうのは、枕元で充電をしているから。
ダイエットしているにも関わらず、ついお菓子を食べてしまうのはお菓子が見えるところに置いてあるから。という具合です。

なので、トイレでスマホをいじる習慣は…
『用を足す際にぼんやりと座っている時間があるから』と『スマホをトイレに持って入るから』ではないか?と自分なりに考えました。
「ぼんやりと座っている時間が暇だからスマホをいじろう」となっている気がします。

なので、この2つのトリガーを除去する方法を考えてみました。

8myが考えた方法

8myが考えた方法は『本を置くこと』
トイレの窓の側に本を置いてみましたよ。

トイレに置くわけだから、買ったばかりの本はなんとなく嫌。
というわけで、数年前に買ってすでに読み終わっている本を置きました。
(ちなみに、置いた本は『お金持ち100人の秘密の習慣大全』です。)
一応、汚れを防ぐために紙のカバーもつけておきましたよ。

効果はあったのか?

本を置いてからまだ1か月ほどですが、今のところトイレの中でスマホは一切かまっていません。

以前は、お腹が痛くてトイレに長時間籠るときは、必ずスマホでネットサーフィンをしていました。
それが今は完全に読書になりましたね。
便座に座った時に本が目の前にくるので、たとえスマホをポケットに入れて持って入ってしまったとしても、目の前にある本を手に取ります。

また、トイレの中にいる時間もスマホをいじっていた時より短くなりました。
スマホだと次から次にいろんな面白い情報が出てきて、用を足し終わった後もスマホを見たまま便座に座り続けることがありましたが、すでに読んだことがある本だとそういうこともありません。

あと、意外だったんですがトイレでの読書は集中できます。
個室で目障りなものが無いからですかね?
もしかしたら、自分の部屋で読書するよりも集中できているかもしれません 笑

トイレでスマホをかまってしまうクセがある人は是非試してみてください。

コメント