アセットアロケーションを変更します。

資産運用関係

現在の8myのアセットアロケーションは以下のとおりです。
株式、債券、リートを保有しており、投資対象国も国内、先進国、新興国と分散させています。


日本株式だけは、高配当や株主優待を狙って個別株式で保有。
他の資産に関しては5年前から投資信託を積み立てています。

投資にまわしているリスク資産と、現預金などの無リスク資産の割合は、現時点でリスク資産が66%、無リスク資産が34%となっています。

この度は、このアセットアロケーションに変更を加え以下のようになるよう投資していこうと思います。

大きな変更点として、債券、リートへの投資を辞めます。

理由はリターンが低いからです。
5年間の積立投資を続けて現時点(2019年6月末)での各資産の損益は以下のとおり。

投資額に差があるので単純に損益だけでは比較できませんが、やはり株式のリターンは大きい。
日本の債券なんて5年間投資して8,000円しか利益がでていません。
(現在、日本のリートの調子がいいですがそれは例外として)
というわけで、債券、リートに関しては現在NISA口座で保有しているものについては5年が経過したら順次解約していこうと思います。

また、株式の占める割合が高くなってしまうとリターンも狙えますが、その分リスクも大きくなります。
このため、現預金などの無リスク資産の割合を増やします。
無リスク資産の割合を増やすことで株の大暴落時に買い増しができるというメリットもあります。

そして、株の中でも米国株の割合を大きくする予定。
理由は単純。米国の株価指数はずっと右肩上がりだからです。

※楽天証券より引用

リーマンショック時の暴落でさえ、早々と抜けて高値を更新し続けています。
それに比べて日本は、バブルの時の3万9000円をまだ更新できずレンジ状態。

これから少子高齢化もさらに進みますし、明るい未来が見えづらい。
言語の壁もあるので、米国のように海外から人がどんどん流入することもないと思うし…
こうなってくるとガーファみたいに世界を引っ張っていく企業が日本から出てくる可能性はかなり低いと思うんだよなぁ。

日経平均がNYダウと同じように高値更新していくとは思えない。
長期投資するんなら米国株にしよう!と思いましてね。

というわけで、当分はこのアセットアロケーションに近づくよう投資を進めていく予定です。
具体的にどの金融商品を買うかについては明日の記事で紹介します。

コメント