お金は人を孤独にする【幸せをお金で買う 5つの授業】

読書関係

「幸せをお金で買う」5つの授業(著者:エリザベス・ダン、マイケル・ノートン)を読み始めました。

数々の論文や研究から科学的に『お金』と『幸福』の関係を分析し、どのようにお金を使えば1番幸せになるかを考察しています。
研究や論文といったら小難しそうですが…そんなことはありません。

内容もかなり読みやすいです。

さて、今回は本書のプロローグにあった「お金は人を孤独にする」ということを紹介します。
8my自身かなり共感したのでね。

お金があれば、美味しいものを食べられるし、好きな場所に住むことができるし、なんでも欲しいものが手に入ります。
そう考えると幸福度が上がる気がするんですが…
一概にそうとはいえないと本書では書いてあります。

なんと、お金、富は他の人と楽しく行動するということから人を遠ざけるという研究結果がミネソタ大学の研究で明らかになっています。

【研究結果その1】

1つのグループにはおもちゃのお金の束を渡して数分間、裕福になった未来を想像してもらいました。
もう1つのグループにはおもちゃのお金は渡さず、翌日何をするかを考えてその時間を過ごしてもらいました。

その時、研究助手がわざと彼らの前で、つまずいたフリをして持っていた鉛筆をばらまくと、おもちゃのお金の束を持っていたグループの方が拾った鉛筆の数が少なかった。

【研究結果その2】

お金の写真を見せると、孤独な活動を好むようになり、友人との食事よりも料理の個人レッスンを選ぶようになった。

このように、お金、富を得ることを考えただけで人は他人を遠ざけ、幸せを台無しにしてしまう場合があるということでした。

確かに8myも思い当たる節がいくつもあります。
貯金をしよう!資産を作ろう!と思い始めた頃から、友達との飲み会や遊び、結婚式なども断ることが多くなり、今では「自分が心から行きたい!」と思えるもの以外はすべて切り捨ています。
このため、友達からもだんだんと誘われなくなり…
友達の数はかなり少ない方だとと思います。
関連記事→ 友達から飲み会に誘われなくなった。

でも、8my自身は幸福度が下がったとは感じていません。
他人から遠ざかることにより出費も抑えられますし、自分の時間も増えました。
なので、自分の好きな事だけに集中でき、むしろ幸福度が上がった気がするのですが…
まぁ、お金のことを意識するようになってから孤独になったのは間違いないですね。

もしかしたら、孤独になった自分のことを幸福だと思い込んでいるだけかもしれません。

しかし、8myはこれからもお金のことを考え、資産を増やす努力を続けます。
ミネソタ大学の研究結果どおりに、たとえ孤独になったとしても…
なるべく幸福度が上がるようにしたいです。

本書では、『お金の使い方』によって幸福度が劇的に上がる。日常で使うたった500円でも使い方によっては幸福感が全然違う。と書いてあります。
これから読み進めるなかで使えそうなことがあれば、どんどん自分の生活に取り入れていこうと思いますよ。

コメント